怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

その日は、お昼から深夜まで近所の人たちやらが集まってBBQを幼馴染の家の庭でやっていた。
夜の九時前くらいだったと思う、ニンテンドウー64が出始めで、当時の僕(たぶん小4)が本体を持っていた。

お酒も飲めない子供は基本飽きているのは当然で、僕の家から64持って来て幼馴染の家でやろうと言う話になった。

幼馴染の家はT字路を曲がって直ぐの所で、僕の家からは300m位の場所にある。
無駄にテンション高くキャッキャと走って向かったが、僕の家の玄関に着く時には二人とも口を閉じ逃げるように家に入った。

続きを読む

2、3年くらい前で私が中学1年の時の話です。

夕飯を食べ終わって食器をキッチンに片付けたその直後、急に立ちくらみみたいになって目の前がガサガサしてきたと思ったら、今まで聞いたことないような超音波みたいな叫び声が聞こえ始めた。

そして身体にすごい衝撃をくらったと思ったら、ボサボサの髪を持って白い服をきて目の中が真っ赤な女の人が目の前に映った。
妹やお母さんは3秒くらい倒れてたらしいけど、自分としては30分は倒れてたような気がする。
因みに私が立ちくらみして倒れるときは記憶がないことがほとんど・・・。

続きを読む

私が先週の金曜日に学校で体験した怖い話です。

先生:「今日授業で使った教材は当分使わないから、代わりにその教材を資料室へ置いてきてくれ、はい、鍵」

そう先生から言われて私は資料室に行きました。

そもそもその資料室は学校の生徒からは忌み嫌われ恐れられている場所で校内一おっかない場所だとも言われていました。

だけど好奇心旺盛で心霊好きな私は初めてその資料室に入れるということでうきうきしていました。

そんなこんなで資料室に行って鍵を開けてみると、その中はとても雰囲気が死んでいてカーテンが閉まっててとても不気味な感じでした。

続きを読む

今年5月3日、新築した家に一家で引っ越した。
引っ越し直後は何かとバタバタするだろうと思い、4月30日に主人と2人で近所の挨拶まわりをすませた。

右隣のお宅は80代後半の老夫婦の2人暮らしで、同じ敷地内に住む長男一家が身の回りの世話をしているそうだ。
着工前に挨拶に行った時に、御主人は痴呆症だと長男の奥さんから聞いていたので、この時も奥さんに菓子折りを渡し、勝手口で少し立ち話をした。

続きを読む

かなり変な話なんだが書いてみる。

2年前に84歳で死んだうちのジイちゃんなんだが、戦後の闇市を生き抜いてきた世代。
背中には見事な不動明王の墨があった。
まあこれは本題には関係ない。

このジイちゃんが死ぬ3年ほど前から半ボケ状態になって、自室で寝たきりで過ごすことが多くなった。
暴れたり徘徊するわけではないし、トイレには自分で起きてくるのでそんなに手はかからない。
食事の世話は俺の嫁がやっていたが、食はどんどん細くなっていったな。

続きを読む

↑このページのトップヘ