怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

俺が体験した話。

夜11頃に、他営業所で働く後輩から「先輩助けて!ここお化けいる!」と電話が掛かってきた。
そいつとは昔いっしょに働いてたんだけど、部署移動で先月移動になったばかりだった。
夜なのに電話の向こうで大人数の笑い声が聞こえていたので、まだみんな残っていたのだろう。

俺:「お化けだなんて馬鹿なこと言ってるんじゃない」

そう一蹴したら、後輩が切実に訴えてきた。
移動してから一ヶ月でいろんな体験をしたらしい。

続きを読む

幼稚園のころ高熱でうなされていた時、夜中にうるさくて目が覚めたら、自分の寝てる布団に小人サイズの槍を持った骸骨がこっちを見ていた。

しばらくしたら布団から降りたので部屋から出ると、家の中に足の踏み場のないくらいの数の骸骨がカタカタカタと音を立てていた。
熱で意識がもうろうとしていたせいで、なぜか落ち着いていた自分は、父親を起こして一緒にトイレにいってもらい一緒の布団で寝た。

翌朝、父親に聞いても一緒にトイレにいったのは確かだったが、やはり父親には見えてなかった。

続きを読む

春に引越してきて、両隣に挨拶しようと行ってみると2部屋とも空き部屋だった。

これは音とか気にしなくてラッキー!と思って、さっそく友達呼んで引越しパーティーの用意をしてた。

台所でツマミ作ってたら部屋の中から、「ピョホホーッピョホホーッ」って音がする事に気づいた。
ボロアパートだから風が抜ける音だと思って気にしなかった。
んで友達が来て宴会が始まったんだけど、「ピョホホーッ」の音が友達も気になるらしく全然盛り上がらない。

あまりにも気になるから、すき間を見つけてガムテか何かで塞ごうってなった。
んで友達とすき間を見つける作業をしたんだけど、細かい穴があるわあるわ・・・。

続きを読む

中学3年の時に同じ部活だったAが、「指切り神社へ繋がる道を見つけた!」と言い出し、誘われて断ろうとしたところ、神社の名前に反応した友人B、Cも興味を示してしまい結局4人で行く事になった。

地元は所謂新興住宅街で、そこから少し外れた所に元々住んでいた人達の土地があり、学区も別で交流はない。
神社はその地域にあるらしいってのは小学校から見えてたから知ってたが、誰も行き方は知らなかったわけだ。

続きを読む

母親と朝早くからとあるデパートにいった時の話。

その時住んでいた市では100円で一定のルートを巡回しているバスに乗れるっていうサービスをしてて、丁度目的地でもあるデパート前のバス停にまで行けるってことで、母親に言われるがままそのバスを利用することになった。
その時はいつもは別のバスを使ってってなんだか大丈夫なのかよ、とかぐらいしか思ってなかった。

で、多分10分ぐらいだったと思うが、バスが来て親子共々乗った。
朝のせいかバス内の明かりがついていないせいなのか薄暗い車内だった。

続きを読む

↑このページのトップヘ