怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

高校の頃の話。

冬休みの最後の日の夕方に一人で家にいたら友人3人が訪ねてきた。

そのとき両親ともに旅行(というか弟のクラブの遠征の付き添い)で家にいなくて、「なんなら泊まろうぜ」ということで泊めた。

明日が学校なので気が引けたけど親友と言ってもいいぐらいの友人達だし、どうせ始業式と提出物だすぐらいだろうからオールすることにした。

確か夜の9時くらいまでビデオ(録画)のバラエティ見て、狭い風呂に4人一辺に入って、はしゃいでた。

続きを読む

私は都内で事務職をしている者です。

先日、仕事のあと同僚の女の子たちといっしょに飲んでから、板橋の自分のアパートに帰ってきた後のことです。

壁際にある机に座って、手鏡をもってメイクを落としていたのですが、ふと鏡に何かが映った気がして、鏡の角度を変えたのです。
その途端、私の後ろのタンスの上から私を見下ろしている日本人形と目が合いました。
真っ白な顔をして赤い着物を来た日本人形がタンスの上に立って、うつむき加減に私を見ていたのです。

もちろん私の部屋には日本人形などありません。

続きを読む

無痛症になった子供と母親の話。

病気になった子供がちゃんと成長できるかどうか、いつも母親は心配していた。
痛みを感じないため、治療が遅れて小さな怪我でも致命傷になりかねないからだった。

そんなある日、その子供の乳歯が抜けた。
それを見た母親は、「ああ、この子も少しずつ成長しているんだ」とささやかな幸せに微笑んだ。
母親の嬉しそうな顔を見て、幼い子供も喜んだ。

続きを読む

私が年少組だった頃よく保育園を脱走してたそうです。

行き先は園から約20m圏内で、だいたい近くの公園や老人たちのたまり場でお菓子をもらっていたりでした。(母は先生によく怒られていたそうですが・・・笑)

ある日のこと。
園内で遊んでいたら、またもや私の姿が見当たらなくなっていたそうな・・・。
そういう時は決まって児童たちとの散歩がてら私を捜すのが通例となっていたそうです。

しかし、その日は心当たりのある場所をあたっても私の姿が見つからなかった。

続きを読む

俺はほんの僅かだが霊感とかいうものがあるらしい。

遠くに住んでいた爺さんが死んだ時に夢枕に立って、起きた数分後に爺さんが死んだと電話で連絡があったり、かわいがってた猫が死んでから一週間後の寒い夜になにかが布団の上でポスポス足踏みしてるので寒いから布団に入りに来たんだなと納得してた。

そして今俺は県内でも五指に入る大病院で働いてる。
救急救命室の夜間事務だ。

まぁこんなところなので毎日平均で三人は救急救命室で死んでいく。
それも病死もあるが自殺、他殺、交通事故、火災など、恨みを込めて死んでいくもののオンパレード。

続きを読む

↑このページのトップヘ