怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

大学時代に住んでいた町での出来事。

実際の出来事なので、オチは全くないです。
ご了承下さい。

一人暮らしの部屋を探す際、古すぎたり汚すぎる物件は嫌だったが、金銭的な問題もある。

そこで俺は、駅から遠いという事に目をつぶる事にして、なんとか見つけた。

都心まで乗り換え無しで15~20分程度の駅。
駅の片方の側は、それなりに栄えているけど、俺の住んでいる側は駅前に多少店があるだけで、すぐに住宅地が広がってる感じ。
その駅から徒歩だと40分程度の場所。

続きを読む

かなり前だけど、5年勤めた木材加工工場が、大きな紡績工場跡地の一画に移転した。

ひと月程すると、材木の木目に、たくさんの顔らしきものが浮かび上がってきた。
それらしく見えるのには馴れていたから、材木を逆にしたり裏返したりしていた。

近接する住宅の地価が結構安いので、半分本気で購入を考えて調べてみると、その一帯は江戸時代は「さらし場」だったらしい。

紡績工場建設時にはかなりの数の人骨が出たという。

続きを読む

電車通学だった高校時代のこと。

ある日電車が到着して乗り込むときに、一緒に登校していた友人がホームとの隙間に足を滑らせた。

と言ってもそれ程の間隔はないから太腿で止まったし、車掌が気付いたからそのまま発車することもなく、友人と周囲の人達で彼女を引き上げた。

そのとき私は足の状態を見るのに跪いてホームとの隙間を覗きこんだ。
腿や膝から垂れて血まみれになった彼女の足首に何かが巻き付いていた。

なんだか判らなくて目をこらして良く見ると、人形のように不自然に小さいけれど大人の手が足首をつかんでいるのだとわかった。

続きを読む

昨日の出来事。

私には中1の息子がいる

アパートの間取りは2LDK、玄関を上がってすぐ右手にバストイレ洗面所、左手にキッチンとリビングがある

夕方、部活から帰ってきた息子がユニフォームを洗濯するために玄関から洗面所に直行していた。

リビングでくつろいでいた私が振り返って目をやると、いつものようにユニフォームを洗濯機に突っ込む様子が目隠しカーテンの隙間からちらりと見えた。

話し声が聞こえる。
どうやら携帯で友達と会話をしているらしい。

続きを読む

自分の中でも割に不可解な過去。
ちなみにオカルトはあまり信じてなくて楽しむ方。

俺が中学生の時の話。
卒業式後の日曜日、志望校から不合格の通知が来た。

肩を落としながらもとりあえず担任に報告をしに、夕方に学校へ向かう。
担任に「残念だったね」と言われて帰ろうとしたんだけど、そこでふと卒業証書(黒い筒の奴)をクラスの机に忘れたのを思い出した。

んでもって鍵を借りて、教室に向かった。

休日で誰も居ない校舎は当然静かで、廊下が夕日でオレンジ色に染まって、体育館からは下級生が部活をしてる音が聞こえる。
シチュエーションがモロに青春だなあ、とか馬鹿な事を考えながら二階の教室の扉の鍵を開けて、中に入った。

続きを読む

↑このページのトップヘ