怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

もう14,5年前の話です。

僕の家の裏には山があって、2階の自室はちょうどその裏山に面していて、裏山からの小道が部屋のすぐ横に通っていました。
当時学生だった僕は、深夜ラジオを極小さな音で流しながら勉強をしていたのですが、いつからかラジオとは違う音が何処からかかすかに聞こえてくるのに気付きました。

気になってラジオの音を絞って耳を澄ますと、それは裏山からの小道を歩いて下りてくる足音と、子供の話し声の様に思われました。

続きを読む

小さい頃、石川県の田舎へ夜行列車(死語?)で帰省していた時の話。

どこのトンネルかは覚えて無いけれど(岐阜のあたりだったかな?)、必ずそこを通過する前に、理由も言わず窓の日よけを下げてくれとアナウンスが入る区間があって、車内の誰もが疑いもせず閉めるんだよ。

親に聞くと「オバケがでるからだよ」と言われ、最初の頃はそれだけでビビって、トンネルを抜けて親が「イイよ」と言うまで目隠ししてた。

続きを読む

自分の親戚が和歌山のド田舎の小さい漁村に住んでて、子供の頃は夏休みはずっとそこに遊びに行ってた。

そこって昭和10年くらいまでは、ムジナ(狸)がよく人を化かしてたって親族の爺さん婆さんから聞いたわ。
それものっぺらぼう限定w

続きを読む

中学生の時にクラスの委員長だった彼女は、みんなによく頼まれ事をされては嫌な顔一つせずに素直に引き受けたり、とにかく人の嫌がるようなことを自ら引き受けるような、とても良い子でした。

それを知ってか、みんなもよく彼女に頼み事をしていました。
俺とはあまり関わる事がなかったんですが、2、3度話した時も、ごく普通の感じでした。

卒業までの一年間、委員長はずっと変わらず、彼女一人で務めていたと記憶しています。

卒業式でも、クラスのみんな(女子)から寄せ書きをもらっていました。
それらを大事そうに抱えて笑っていたのをよく覚えています。

その卒業式から3日ぐらいたった日の事です。

続きを読む

無名に近い芸能人がTVにて語っていた怖い話。

そいつの実家の近くに、子供の頃から絶対に登ってはいけないと言われていた山があった。
高校時代のある日、そいつは仲間数人と連れ立って、学校をサボって昼間からその山に登ることになる。
うっそうと茂った林の中を細い山道をつたって山頂を目指していると、山頂の方からお神輿を担いでいるような声が聞こえてきた。

「わっしょい、わっしょい、わっしょい・・・・・」

続きを読む

↑このページのトップヘ