怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

2008年の8月の終わり頃、一週間ほど夏休みが取れたので兵庫県の実家に帰省しました。

叔父(父の弟)に頼まれた簡単な仕事の手伝いを終え、二人車で帰路につきました。
時刻は夕方で、全開にした窓からの風はまだまだ熱気を孕んだものでしたが、それは夏の終わりを感じさせるもので、なんだか切ない気持ちになったのを覚えています。

実家付近の川原にさしかかると、ふと叔父が「寄ってみるか?」と言いました。
実家から車で10分くらいの川原でしたが、最後に来たのは小学生の頃です。
汗と埃を洗い落としたかったのと、懐かしさとで二つ返事で賛成しました。

その川は水量も少なく、またかつて名水百選にも選ばれた川の傍流にあたるためその透明度は言うに及ばず、つかの間休憩するにはうってつけの川原でした。

小学生の頃、自由研究で川の水位を測るための目印とした岩も残っていて、ずいぶんと感慨深いものを覚えました。

さて、水で顔を洗い、“石切り”などしていると、叔父が言いました。

続きを読む

子供のころの夏休みの話。
夏は田舎のじいちゃん家に行っていろんなことをするのが楽しみだった。
じいちゃんは元々その土地の人だから、山菜を一緒にとりに出掛けたり、綺麗な川で釣りしたりといろんな遊びを教えてくれた。

ある日、俺とじいちゃんが川で遊んでいると、「うう・・・うう・・・」っとうめき声みたいなのが聞こえる。

じいちゃんが「またか・・・」って言った。
何だ?っと思い、じいちゃんが見ているところを見た。

すると、足が片方ひきちぎられた感じで、体中血だらけの坊主頭の男の子がそこにいた・・・。

続きを読む

以前仕事で聞いたことを書いてみる。
あんまり詳しく書くと職責に触れるんで、結構改変するからフィクションとしてみて欲しい。

郵便配達の仕事をしてたころ、ある日誰もいない空き家に一通の茶封筒が来てた。
大体引越してくるときには、不動産屋や水道、電気関係の葉書が来るから、前の住人のものだと思って、配達に使う原簿を確認して住んでいた人がいないかどうか調べてみた。

もともと住宅街の一角にある家だし、住人の出入りが激しいところではないので、それまで細かく見てなかったんだけど、いざ調べてみると、その家だけで4家族くらいが入転居を繰り返してる。
期間も、2番目以降はどれも3ヶ月とか半年とかで引っ越してる。
目当ての名前はすぐに見つかり、最初に住んでいた家族の世帯主だと分かった。

原簿を持って、班長に「転居につき還付をしたいので、押印をお願いします」と頼んだところ、脇からベテランのおじいさんがひょいと顔を出してきてきた。

続きを読む

こないだ久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。

幼馴染(A男)は、ある女子高で英語の教師をやっていた。
Aはいつも、英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを、校内のコピー機で刷っていたのだが、担当クラスは1学年に4つあって、全員分刷るとかなりの枚数になるそうだ。

一気に4クラス分を刷ると、時間掛かるし紙無くなるわで色々と面倒なので、Aはクラス人数分ごとの数量指定で、授業前にいちいちコピーするようにしていたらしい。

しかし、なぜかあるクラスだけ、数が違って出来上がるんだそうだ。
32名分32枚刷ったのが、いつも33枚出来上がっているという。
最初はAも、「ただ数を間違ったんだろう」と思って気にしなかったそうだが、“いつも”となるとなんだかおかしい。
他のクラスではそんなことないのに。

続きを読む

私はN県の出身で、私が住んでいる街には地元では比較的有名なカトリック系の女子大があります。
私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。
当時中学生だった私も、放課後や休みの日は母に連れられて、その大学に時々遊びに行っていました。

ある日、私はいつものように、学生服を着たまま母と一緒にキャンパスへ遊びに行きました。
その日は授業がない日だったようで、一部の職員とシスターがいるだけで、学生は全く見かけませんでした。
キャンパスはそんなに広くないのですが、人も少なくとても静かだったので、まるでゴーストタウンのようでした。

母は会議があるとのことだったので、私をおいて会議室に向かいました。
中学生の私が制服でキャンパス内を歩いているとどうしても目立つので、一人の時は図書館で本を読んで過ごしていたのですが、その日は学生さんたちがいないこともあって、大学を探検することにしました。

続きを読む

↑このページのトップヘ