怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

四輪駆動車で普段人の行かないような山奥に行き、10人程度で泊まりがけのキャンプをしたときのこと。

その晩はすごい雨が降っていて山の斜面から流れる水がちょっとした川のようになるくらいひどい天候だった。
けど、大きめのタープもあるし、そう言ったひどい状況には何度も合ってる。
だから、みんな割と慣れた様子で数個のランタンを中心に深夜も酒を飲んで歓談していたんだ。

そのとき数人がビールが切れたので俺の後ろに置いてあるクーラーボックスから何本か取り出してくれと頼まれた。
快諾してキャンピングチェアに座ったまま後ろを向いてクーラーボックスを開けて何本かビールを取り出した。続きを読む

俺は3ヶ月前とある大型小売店のバイトの面接を受けに行った。
1週間後採用の電話が掛かってき明日から来て欲しいとのことだった。

なかなかバイトが見つからなくて困っていたため、次の日俺は意気揚々とバイト先へ向かった。
マネージャーに書類を渡し大まかな仕事の内容を教えられて俺は売り場へと向かった。

そして3時間後仕事を終えて帰ろうとしたとき、たまたま同じとこで働いている友達の母親に声を掛けられた。

「駐車場行ったんだよね?大丈夫だった?」

駐車場がどうしたというのだろう。
何かあるのだろうか。続きを読む

10年近く前、私が学生だったときの話です。
怪談としてはありがちだけど、ひとつご容赦を。

ある日の夜中、ゴミを出しに行こうと外に出たら、ゴミ置き場で男性がゴミを漁っていたんです。
暗いし、顔は確認できなかったのですが、右腕が無いのだけははっきりとわかりました。
そのときはただ、障害者か変質者か、とにかく変なヤツがいるよ~くらいにしか思っていませんでした。
でも気味悪かったので、その日は結局ゴミを出さずに家に戻ったんです。続きを読む

中学2年の頃、今まで使っていた木造の部室が解体されることになった。
夏休み最初の練習を午前中で終わり、午後からは部室の片付け。
ロッカーや道具なんかを放り出し、新しいクラブハウスに運ぶと、部室は一気にガランとなった。

「おい、これ見ろよ」見ると、ロッカーを除けた壁に木の板が・・・。
叩くと向こうは空洞っぽい。
たしか隣は便所だ。
鉄パイプやツルハシを使い、最後は蹴りで破った。
便所じゃなかった。
奥行き3m幅1mくらいの薄っぺらなスペース出現。続きを読む

友達のお兄ちゃんから聞いた話。
バンド仲間とか4、5人で廃墟になった病院でキモ試しをすることになったそうだ。
みんな幽霊とか頭っから信じてなくて、お酒の勢いで話のネタにでもなるだろう程度だったみたいで。
とりあえずコンビニでカメラ買って騒ぎながら行ったんだって。続きを読む

↑このページのトップヘ