怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

ある男が夜遅くバスで家に戻ろうとした。
が、駅に着いたときはもはや深夜中なので彼もまだバスがくるかどうかが知らない。

けど家は遠いのでとてもじゃないが歩ける距離ではなかった。

彼は来ないかと諦めかけたとき突然バスが現れた、彼は嬉しくてそそくさに乗りました。
が、ふと違和感を感じてしまった。

こんな夜中に何故か混んでいた、座れる席は一つしかなかった。
それと人が大勢いるのに、誰も口を閉ざし、バス内は静まり返っていた。
不審だと思いつつ彼は唯一空いてた席に座り、隣に一人の女性がいた。
彼女は声を押さえ彼の耳元にこう囁いた「あなたこのバスに乗るべきではないよ。」続きを読む

この間、幼なじみの家に遊び行った時の話。
幼なじみは24歳で長男、兄弟は弟21歳、妹20歳。
家が歩いて4、5分の距離だからいっつも俺は幼なじみの家にお邪魔する。

だから弟とも妹とも会ったら色々話するし、幼なじみから兄弟の話もよく聞く。
幼なじみは夜勤してるので、遊ぶ約束してても昼過ぎでもまだ寝てる時がたまにある。
携帯に電話しても出ない→絶対寝てる→俺が直接行って叩き起こす。
というのが定番なんだけどね。

親は共働きだから、俺が行くとだいたい妹(無職)が鍵を開けてくれる。
なぜ鍵をかけてるかと言うと、家に犬4匹・猫3匹飼ってるから。
家族全員が犬とか猫大好きで、鍵かけとかないと外に逃げちゃうんだよね。続きを読む

高校3年生の夏のこと。
自分の部屋にクーラーが無いため、その日は居間で受験勉強していた。
目標のとこまで済ませた時にはもう夜中の3時を過ぎていたと思う。

さすがにこれ以上やると明日に響くと思って、勉強はそこで切り上げ。
両親はすでに寝入っており、私のほかに起きているものはいない。
居間の電気を消すと家は本当の真っ暗闇になる。
続きを読む

後輩がまだ高校生の頃、修学旅行で広島に行ったそうだ(後輩の実家は東北)。
夜中寝ていた後輩は同じ部屋の友人達に起こされた。
朝の四時くらいだったが、眠れない友人達が後輩を起こして、まだ真っ暗な夜の街を散歩しようとのこと。

後輩は眠かったが、初めて来た広島の夜の街に興味を持ち、数人の友人達とともにホテルを抜け出した。
適当に歩いていくとアーケード街というか商店街ぽいとこに来たそうだ。続きを読む

昔先輩から聞いた話。

先輩のゼミの友達が事故に遭ってICUに入ってお見舞いに行ったりしてたらしいんだけど、そうこうするうちにその友達は亡くなってしまった。

先輩は他の友人とお通夜に行き、亡くなった友達の家で線香あげてたら電車がなくなったので友達のお母さんが空いてる部屋に泊めてくれたそうな。続きを読む

↑このページのトップヘ