怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

これは俺が小学校の話だからもう十数年前の話になる。

その時俺はS県のとある市に住んでたんだけど、そこそこ田舎だったんだよね。
家から駅まで大人の足で30分ぐらい歩かないといけないし、子供の足でなんてもっと遠かった。

その頃両親は共働きだったから鍵っ子だった俺なんだけど、親は二人とも帰ってくるのが遅かったから、夕方を通り過ぎて夜まで友達の家で遊ぶなんてしょっちゅうだった。
そのせいか夜の暗い道を歩くのは慣れてたんだよね。

続きを読む

うちでは、夏になると毎年母の実家に帰る事になっている。
祖母や親戚に会えるのは嬉しいし、涼しい土地で食べ物も美味しいので、避暑には最高なんだけど・・・。
数日泊まる事になる祖母の家で、どうしても気になる事がある。

祖母は写真が好きで(自分で撮るのが好きなわけではない)、居間には沢山の写真が飾ってある。
その中の、祖母が還暦の時に撮影した写真の事だ。

自分が小学校低学年位の頃だったと思う。
いつもと同じように、親戚一同がお盆に集まった時だった。

続きを読む

夫の転勤で急に住まいを見つけなくてはならなくて、人事から何件か送られてきたものを距離と赤子の都合で下見もせずに決めたことがある。

小学校の裏で後ろは墓地というマンション。
入った瞬間にどんより寒気して高熱出たよ。

二年位して隣の住人は離婚で引っ越し、その隣はマンションの駐車場で車上荒らしに遭ってた。
駅前には10年位未解決な強盗殺人事件の立て札が立ってて、その隣りがスーパーで通る度に具合悪くなってた。

続きを読む

つい先程、取引先の隣の民家で体験した話です。

場所は山沿いの道を登った小高い丘の上に民家が離れて5軒ある場所。
その内3軒が廃屋だった。
木々に遮られ夕方早々には薄暗くなるといった少々雰囲気がある。

取引先の主人の言うには北側にある一番奥の家には近寄らない方が良いとの事。。。
主人の家族も奥の家付近で黒い影を見た事もあり気味悪がって近寄らないらしい。

主人曰く一番奥の家の所有者は50代の女性。
数年前に越して来て1ヶ月ほど住んだだけで家に寄りつかなくなったらしい。
住んていた当初は大量の犬や猫を飼っていたが、女性が寄りつかなくなり餌も与えられなかった動物達は檻5中で餓死しており、遺骨は今も死んだ場所にあるらしい。

続きを読む

小学四年生の時、夜の19時から22時まで週に2回、隣町の学習塾に通っていた。
隣町に行く間には貨物列車の線路があって踏み切りを渡る必要があったのだけど、貨物車はめったに通ることがなかった。
なので遮断機が下りることもなく、タイミングがいいのか、いつも踏み切りは素通りであった。

ある日のこと。
塾を終えていつものように自転車で家路を急ぎ、踏み切りの所まで差し掛かった。
するとその時に限って「チンチンチンチン」と鳴りだし自転車の前で遮断機が下りた。
しょうがないので待っていたのだけど、いっこうに貨物車が通る様子がない。
数分くらい経っただろうか?
線路を挟んで反対側の遮断機の向こうに、いつの間にか小さな女の子がポツンと立っていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ