怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 心霊・幽霊系

私ね、怖い話をするのが好きなんですよ。
何人かで集まると、決まって「実はね・・・こんなことがあったんだ」みたいな感じで怪談を始めるんです。

で、自称霊感ありってことにしてる。
聞いてる連中もそんなこと本気で信じちゃいないんだろうけど、何となくその方が盛り上がりますからね。

ある時私の所属してるゼミと、他のゼミと合同でバーベキューをやることになったんですね。
飲んで食べて散々騒いでるうちに、段々と日が暮れてきた。
そうなってくると私の出番だ。
まあいつものように「実はね・・・」って怖い話を始めたんですよ。
一人話し終えるとまた一人が話し始める、っていう具合に大いに盛り上がりました。
で、なんかの拍子でもって話がフッと途切れた時にこう言うんですよ。

続きを読む

3年前、家族でI県の海岸にあるキャンプ場に遊びに行った。
キャンプ場は崖の上にあり、そこからがけ下まで階段で下りると綺麗な砂浜があった。
私達の他にもたくさんキャンプに来てる人がいて、その砂浜自体も名所なのか、たくさん車で乗り付けてきてる。

弟は当時中学2年生、反抗期だったのかこの家族旅行にも参加したくないとゴネていたが父が無理矢理に車に乗せて、キャンプ場まで連れてきた。
しかし皆で海で泳ごう、という段になっても、私や兄とは別れて崖の真下の岩場や少し沖の遊泳可能範囲に浮いてるブイの所まで一人で泳ぎにいっていました。

正午辺りから泳ぎ始めて、一時間程経った頃、沖のブイの所で弟が何やら叫んでいた。
ゴムボートで弟に近づくと段々ブイにしがみついて、顔を真っ青にしてガクガク震えている様子が見えてきました。

変だなと思い、ボートを漕いで弟に近づいてみた。

続きを読む

昨日もしかしてこれって・・・て体験をしました。

今求職中で、仕事を辞めると一気に生活が不安定になり深夜も遅くまで起きています。
仕事の情報をネットで集めて来週の計画を立て一息ついてから、いつも通りオカルト板のお世話になったり、洋楽板のぞいたりしていました。

そしてオカルト板のとある心霊写真スレを開きました。
画像を見たくはないので解説読んでたんですが、だんだん眠くなってきました。
そして布団に入った時天井付近からものすごい視線を感じました。

いつも横向いて寝るのですが、その時直感で「絶対に今天井を見てはいけない、眠ってもいけない」と、思ってしまいました。
そんなにはっきり思ったこと初めてです。

続きを読む

去年の夏の話。

就職2年目に入って、自立したいのと彼女とイチャイチャしたいのとで初の1人暮らしをした。
会社に割と近く、家賃も手ごろだったのであるアパートに決めた。
そして、夏休みにそれは起こった。

休みなので昼過ぎまで寝ていたこともあり、深夜眠れず2ちゃんをしていた。
そして2時頃、荒々しくドアノブを掴んでドアを開けようとする音がした。

すごくびっくりした。
こんな時間にチャイムを鳴らされるだけでも恐ろしいのに、いきなり開けようとするとは・・・。

数分様子を見ていたが、それ以上は何もなく、その日はそれで終わった。
結局自分の中では、友達がアポなしで訪ねてきたか、近所の人が酔っ払って部屋を間違えたか、という推理をした。

続きを読む

たくさんの怖い話を読んで自分も何か一つ残したいと思い、塾ではタブーとなっいる話を残そうと思います。

その話は、僕が中学時代に通っていた塾で今でも行われているだろう新入生歓迎キャンプにて先輩に起きた不可解な話です。

僕が住んでいる町にある山奥のキャンプ場で、毎年今の時期に塾でキャンプをするんです。

そのキャンプ場は、人里から離れ地元民なら知ってる首吊りがあった二本松や、今では人が住んでいない、いわく付きの家があるような気味の悪い所にあり、途中で同じような道が二手に分かれていて懐中電灯があっても迷うような所です。

いわく付きの家の話も怖いのですが今回は、「赤い車」の話をしたいと思います。
そうゆう所だからもちろんのこと、キャンプということもあり、お約束の肝試しを毎年やることになっていました。

続きを読む

↑このページのトップヘ