怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: スポット系

小学生の頃、町内のスポーツ大会とかで近所の小学校へ行った時の事です。
試合観戦も飽きたので、「ちょっと周りを探検しよーぜ!」とDQNなダチが言いだした。
それで、そのダチの探検しようと言い出したところと言うのが、いかにも心霊スポットマニアがよだれをたらしそうな廃屋。
その周囲と言うのが、うっそうとした雑木林で、件の廃屋はその中に立っていた。

今思えば、こんなもん小学校のそばにあって、教育上良くないんじゃないか?と思えるくらい陰鬱。

「ボス!ここが現場です!」

DQNがいの一番に突撃、ダチも数人中へ。(あの頃は“ポートピア連続殺人事件”が流行っていた。)

続きを読む

昔、自転車で旅してた時の話。
これは親しい人には結構話したので、ここ見てる人がいると特定されるなw

まあ、それはさておき。

稚内の南西に旅人には有名な「サロベツ原野」というまさに何もない原野があるんだけど、一番北に「抜海」という町がある。
で、その日はその少し手前でテントを張ることにしたのね。

どこであろうと勝手にテントを張るのはホントはいけないけど、その日数十km走った素晴らしいサロベツ原野の余韻に浸りたかったので、人の来ない場所がいいと思い、原野にこっそりテントを張った。
で、暗くなると何も見えないし、明るいうちにレトルトとかで適当に飯を済ませて、旅の記録をつけたらさっさと寝た。

続きを読む

千歳の有名な円形マンションの話。

千歳には有名な心霊スポットで、「空の境界」とかの作中で使われた建物のモデルにもなってるマンションがある。
建てられた当時から、居るはずの無い子供がはしゃぎまわる音がするとか、エレベ-ターに女の幽霊が出るとか、その手の怪異が続発したらしい。

あと、一階部分はテナントで産婦人科があったんだけど、火事を出して職員とかが何人かなくなって院長も責任からか焼け焦げた院長室で首吊って自殺して閉院、その後そのテナントは今も次の借り手はまだいない。

聞いたことある奴もいると思うけど、テレビ局の企画で今は懐かしいギボ愛子が除霊にきたんだけど、マンションに入るなり失神してしまってその企画はお蔵入りになったとか言う逸話もある。

続きを読む

毎年、稲毛海岸で個人的な花火大会やってるヤツなんだけど、あそこらも適当に埋め立てたりしてるね。

元々気を抜くと見える性質なので、お盆近くはどこらもわんさか。
お盆は人ん家の門近辺を一軒一軒覗いて歩いている2足歩行の犬っぽいヤツとか、ブロックの穴?部分をくるくると抜けては入ってを繰り返す赤いのとかが多いかな。

んで、稲毛海岸なんだけど、海と接するトコに消波ブロックが積んであるとこは、気を付けた方が良いよ。
ブロック自体が海苔みたいなのが生えて滑りやすいけど、日が落ちた後は黒く細長い”ちいさな手”がブロックにパチパチペチペチと出てくる・・・。
海に接する所はびーっしりと黒い手。

続きを読む

千葉県八日市場市にある通称「いしゃど」呼ばれる病院。
本当の名前は平山病院。

そこに四人で肝試しに行った時の話。

実際建物は既に取り壊されていて、あるのは門と井戸と慰霊碑と、奥にあるプレハブ小屋のみ。

まあ、よくあるメスを取りに行く→親戚が死ぬ→病院からメス返してと電話が来ると言った、都市伝説系心霊スポットだ。

俺と葉山と幸男と駒崎。

みんなビビって漸く門を越えた瞬間、蛙共が一斉に鳴いたんだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ