怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: スポット系

私の体験話です。
1980年頃、母が骨折して救急車で搬送され、大阪の南区(現中央区)繁華街にある原○病院に入院しました。

その頃は今と違って、付添いが一緒に泊りこまなければなりません。
私は2カ月ほど泊りこんだのですが、病室は二人部屋で、1つのベッドに母が、もう1つのベッドに私が寝ていました。

で、ある晩のこと。
すっかり寝入っていた私の足を、誰かが思いっきり引っ張ります。
びっくりして目を開け、ベッドの足側を見ると、ベッドの下から男が頭を出してこちらを見ていました。

その顔は生きている人間には見えず、もう一度見たら誰もいません。
もちろんドアは閉まったままです。

続きを読む

別段怖い体験ってわけでもないけど、俺が子供の頃住んでた家の近所の話。

沖縄に住んでたんだけど、沖縄って結構近代化進んでて、どこもコンクリとアスファルトで固められてるんだよ。
どこに行っても街頭とかで明るいしな、実際行ってみると南国って感じじゃないんだが、ただ、近所の小道だけ、やけに薄暗くて明かりもついてない小道があるんだ。

そこは何故か「手付かずの野生」って感じがする場所なんだ。

ちゃんとアスファルトで固められてるけど、「やけに深い森の入口」って感じのとこがあるんだ。
そのあたり一帯だけ薄暗がりが妙に怖くて、俺が怖がりなのかもしれないけど、いつも通る度になんか背筋がぞぞぞぞって逆立つ感じの場所だったんだ。

山の中に沖縄特有の古い墓がいくつもあるような感じの場所。
実際に見た事は無かったけど・・・。

続きを読む

桜木神社

千葉県野田市の桜木神社で知り合いにからこんな話を聞いたことある。

地元では、結構、夏場暗がりなので、車で昼寝するの都合がいいらしく、車で桜木神社の脇で寝た後、林をぬけ、国道に出て、しばらく走り、府中にあるローソンに寄ったらしい。

で、車のドアを開け、外に出ようとした時のことだった。

「ありがとう」

はっきり耳元で聴こえたそうだ。

続きを読む

この前の日曜日。
知り合いの勤める鶴見区某店の駐車場屋上階でのこと。
用事が遅くなり22時半を過ぎてしまった。

車を停めた屋上階は真っ暗で照明がなく一つも無く周囲のマンションの灯りがぼんやり差し込む程度で真っ暗に近かった。
停めてあろう場所を見ながら近付くと目が慣れてきて自分の車と分かり乗り込んだ。

暖気中に一服しようと助手席に置いてあったライターに手を伸ばしたが見当たらない。
室内灯を点けると難なく見つかりタバコに火を点け、室内灯を消そうとした瞬間、バックミラーに異様なモノが映った!

続きを読む

夜勤の時の不思議な体験を一つ。

大黒大橋真下の内航船バースで夜中の昼休みに一服してると、仕上げたばかりの梱包した木箱の間をパタパタと音がする。

不思議に思い同僚に聞くとずっとしていると言う。

犬か猫だろう??と音の主を確かめるべく耳を澄ますと、次第に円を描くように近付いて来るのが分かる。

続きを読む

↑このページのトップヘ