怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: スポット系

一乗寺

今から17年位前の出来事です。

兵庫県の加西市に、一乗寺と言う水子供養のお寺があります。
そのお寺は山の上にあって、ふもとから階段を登る、地元では有名な心霊スポットの場所です。
高校3年の就職組で勉強もすることもなく、卒業を待つだけの時間に余裕があり、仲の良い友達と毎晩の様に遊びほけていた。

ある時、俺(T)が車の免許を取っていて、「今日はスリリングな夜を味わいたい!肝試しに行こう!」と友達3人を誘い、一乗寺に行く事になりました。
その時、僕はバイトをしていて、バイトが終わってから晩御飯を食べてすぐさま遊びに行ったので、時間は23時位だった思います。
助手席はH君、後部座席の2人はM君とS君です。

道中迷い、深夜0時30分には一乗寺のふもとに着いたと思います。
ふもとの広場に車を止め、やっぱり怖いので足がすくんでいた時、1台の車と2台の単車(ヤンキーが乗る様な)があるのに気づきました。

続きを読む

大学生の頃、4月に高良山へ登った。

合宿といえば聞こえがいいが、尾根沿いにある自然公園は首吊りがあった事で有名。
合宿の半分は肝試しという側面もあったのだが・・・。

日没前には現地に入り、公園内という事で気が引けたのだが天候が崩れる事が予想されていたので、テントの周辺に溝を巡らせランタンを消した。

続きを読む

これは二年前の10月に体験した話です。
当時、大学生だった私は学校近くのコンビニで深夜のバイトをしていました。

その日は準夜勤(22時~2時)で、埼玉の実家から通っていた私は自分の車で帰路へ就くことに。

「あと宜しく~お疲れさま~」と、後輩の深夜スタッフを残し店を後にしました。

練馬区にあるバイト先からは、青梅街道を東に進んで環状7号線、国道122号線を通るルートを使っていました。

秋の始まりで心地よい涼しさだったのですが、環七に入ってしばらくすると異様な寒気を感じていましたが、夜中だからただ寒いだけかと暖房でしのぐことに。

とにかく、早く帰って風呂入って寝よと、道も空いてたのでアクセルを踏み込みました。

続きを読む

ちょっと長くなるんだが聞いてくれないか?

夕べ会社の新年会でさ、三次会のカラオケが一時半くらいに終わって、テンションMAXだったもんだから、車で小坪トンネルに行こうって話になったんだよ。

メンバーは五人でさ。
「滑川の所の地下駐車場は昔首斬り場で、工事中に何千体もの人骨が出た」なんて話をしながら車を走らせてたんだよ。
他にも今まで遭遇した霊の話なんかもしててさ。
地元のどこそこでこんなの見たとか盛り上がってたんだけど。

二時過ぎだったかな、時間的に。
大仏の近くにトンネルがあるじゃない?
付近の人ならわかると思うんだけど、そこで工事してたんだよね。
車線塞いで、ガードマン立たせて、向こうに行けるまであと何秒、なんて電光掲示板使ってるんだよ。
ガードマンが光る棒振って、「停車してください」って合図するから、そこでさ、運転してる俺の左足が突然震えたんだ。

続きを読む

沼間公民館は地図で見ると沼間公民館というバス停から見て北側に横須賀線の踏切があるんだけど、元々はその場所ではなく、もう少し逗子方面にいったところにあったそうです。

何度も事故があって移動したそうなんですけど、元々の場所は田浦から隋道抜けて橋渡る手前の崖沿いをずっと下ったところなので、この道で死んだことを理解できてない人の幽霊が歩いてるそうです。
崖沿いの家の中を人がドスドス歩いて抜けるという話もあります。

続きを読む

↑このページのトップヘ