怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: スポット系

これは二年前の10月に体験した話です。
当時、大学生だった私は学校近くのコンビニで深夜のバイトをしていました。

その日は準夜勤(22時~2時)で、埼玉の実家から通っていた私は自分の車で帰路へ就くことに。

「あと宜しく~お疲れさま~」と、後輩の深夜スタッフを残し店を後にしました。

練馬区にあるバイト先からは、青梅街道を東に進んで環状7号線、国道122号線を通るルートを使っていました。

秋の始まりで心地よい涼しさだったのですが、環七に入ってしばらくすると異様な寒気を感じていましたが、夜中だからただ寒いだけかと暖房でしのぐことに。

とにかく、早く帰って風呂入って寝よと、道も空いてたのでアクセルを踏み込みました。

続きを読む

ちょっと長くなるんだが聞いてくれないか?

夕べ会社の新年会でさ、三次会のカラオケが一時半くらいに終わって、テンションMAXだったもんだから、車で小坪トンネルに行こうって話になったんだよ。

メンバーは五人でさ。
「滑川の所の地下駐車場は昔首斬り場で、工事中に何千体もの人骨が出た」なんて話をしながら車を走らせてたんだよ。
他にも今まで遭遇した霊の話なんかもしててさ。
地元のどこそこでこんなの見たとか盛り上がってたんだけど。

二時過ぎだったかな、時間的に。
大仏の近くにトンネルがあるじゃない?
付近の人ならわかると思うんだけど、そこで工事してたんだよね。
車線塞いで、ガードマン立たせて、向こうに行けるまであと何秒、なんて電光掲示板使ってるんだよ。
ガードマンが光る棒振って、「停車してください」って合図するから、そこでさ、運転してる俺の左足が突然震えたんだ。

続きを読む

沼間公民館は地図で見ると沼間公民館というバス停から見て北側に横須賀線の踏切があるんだけど、元々はその場所ではなく、もう少し逗子方面にいったところにあったそうです。

何度も事故があって移動したそうなんですけど、元々の場所は田浦から隋道抜けて橋渡る手前の崖沿いをずっと下ったところなので、この道で死んだことを理解できてない人の幽霊が歩いてるそうです。
崖沿いの家の中を人がドスドス歩いて抜けるという話もあります。

続きを読む

茂原と言えば、数年前まで勤めてた古い学校では、普通に霊が見えた。
しかし、その殆どからは『嫌な感じ』を受けず、むしろ穏やかな気持ちになる程であった。

夜、床から天井までの太い柱状の黒い影が、約7~8m位ゆっくり歩いて消えたり、昼間もチェックのスカートはいた下半身だけが立ってたりした。(数人で目撃)

生徒の話は創作の匂いもしたが、職員が1人で休憩中、扉がひとりでに開閉したり「亡くなった先生の声で名前を呼ばれた」と言ってたのには、少々引いた。

他にも様々な出来事があったが、当時は昼夜業務に追われ、怖いと思う暇がなかった。続きを読む

福岡の旧犬鳴きトンネルに行ったときの話。

大学のサークルの知り合い4人(I・O・M・俺)で麻雀やって遊んでたんだけど、Iが「そういや夏休みどこにも行ってねぇし肝試し行こうぜwww」って言い出した。
みんな暇してたし調度いいんじゃね?みたいな感じでとりあえずトライアルで懐中電灯購入。

最初はグダグタして「どこいくよ」「なんかいい場所ないの」みたいな感じだったんだけど「ここは定番の犬鳴きだろ」ということで犬鳴きトンネルに決定。

トンネルに到着して全員が異常な寒さに気付いた・・・。

家出るまで半袖で調度いいぐらいの気温だったのに、トンネル着いたときは息が白くなるくらいに冷えてた。

続きを読む

↑このページのトップヘ