怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

数年前子猫を保護した。
雉トラ(仮)のかわいい雌猫で小さくて、でも人懐こかった。

獣医で検査をしたところ猫エイズにはかかってないし、寄生虫もなし、あとは里親を探すだけということで探したら見つかった。

里親希望の人を仮にAさんとする。
ここまでは順調だった。

ところが、来週にもAさんに渡そうという時になって、猫の具合が悪くなる。
病院に行って精密検査をしたら重篤な病気が見つかり、安楽死を勧められてしまった。
当然里親どころではないのでAさんにはお断りとお詫びの連絡をした。

続きを読む

子供の頃の記憶で、自分は母におんぶされていた。

そして場所は判らないが、道端に小堀があって、いくつか小さな石橋が並んでいるのが見えた。
そこで母が知らないおばさんと何やら喋っていて「かわいそうに...」「まだお若いのに」と言う。

母の言葉を聞きながら母の首筋越し(おんぶされていたので)にそのおばさんの口元に大きな絆創膏が貼ってあったのを見ながら「あんな所にバンソーコーなんておかしいなぁ」と面白かったのもハッキリ憶えています。

続きを読む

その昔、横須賀の汐入で、山の上に建つ、ある家屋は、夜になると不気味な家鳴り振動がおきる現象が頻発したらしく噂になっていたらしい。

その物件は一軒家で、広くはないけど一応裏に囲いつきの庭があります。
綺麗にリフォームしてあるし、無垢の高級タンスや革張りの応接セットもつけて貸し出している。

たとえばこんなことがある。
タンスとセットのクローゼットの扉がギーッと開く、そしてバタンと閉まる。
風は入り込んでいないし中身は空・・・。
それとソファーが、ギュギュッと軋み擦れる音。

続きを読む

親父の生まれ故郷には、十三参りっていう習慣があって、要するに昔の元服の名残なんだけど、数えで13になったら守り本尊のところにお参りするってやつ。
俺もやった。

妹の十三参りのために鹿島の虚空蔵様に行った時。
親戚一同全員で本堂に座って、神主さんがナンジャラホイジャラ言ってるのをじっと正座して聞いてたんだ。

そしたらさ、途中で何か意識が飛び始めたんだよ。
眠気とかに近いようで微妙に違う感覚。

続きを読む

昔一時帰宅した時の話。

肺気胸で手術入院・・・普通の人なら3日から1週間で退院できるんだが自分は1ヶ月以上・・・。

で40日目くらいに一時帰宅認められタクシー乗って帰宅。

タクシー運転手さんとの会話。

運:「昨日もあそこから貴女と似た人のせたよ」
私:「そうですか?私は40日病院から出れず久々の外出です」

続きを読む

↑このページのトップヘ