怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

長文になると思います。
少しばかりお付き合いよろしくお願いします。

高校受験シーズンって学校全体の雰囲気がピリピリする気がしませんか?
私の中学は地元でもある程度有名な進学校の為、ピリピリどころか周りを蹴落としてでも進学してやる!みたいな同級生が多かった。
私も含め3人程がその状況に飽き飽きしていた頃に体験した、ちょっとだけ不気味な話です。

不気味な現象が起きたのは、塾に通って朝から晩まで勉強と試験、そんな生活に飽き飽きした私達が、塾を一日だけさぼって、他県まで出向いてゲームセンターやボウリングで散々遊び、電車に乗って家に帰る途中でした。

続きを読む

鍵は自分が管理してたので事務所は入れるはずがないのに、ドアの鍵も破られた形跡なし、ナイフに指紋なし。

2、その日に会社の子機に、砂嵐をバックにしたようなザラザラしたか細い女性の声で、『居るのはわかってる、下四桁が○○○○っていえばわかるから・・・』と不気味な電話。

続きを読む

昔、若くして亡くなった知人のアダ名が「鷹」とか「猛禽」だった。
我慢強くて、末期癌に一言も弱音を吐かない人だった。

その人の葬儀の最中、ずっと一羽、大鷹が屋根に留まっていた。
出棺後、スーッと見送る私らの前を大鷹が低空飛行して、奥にある林へ消えていった。

続きを読む

自分でも困惑しておりますが、気持ちを整理することもかねて投稿します。
ところどころフェイクを入れるますので、おかしなところがあったらすみません。

私は割と栄えた地域で父子家庭の一人っ子として育ちました。
男親ということもあり、小学生のころまでは祖父母と暮らしていましたが、次男の父と長男の伯父とのが色々揉めたみたいで、中学生のころには父と2人暮らしになっていました。

男の2人暮らしということで、仲の良いという感じではないですが、父兄参観には時たま来るし、時間が合えば話しもするしという、ベタベタではないですが淡々と暮らしていたと思います。

ただそんな父との暮らしで気になることがあるとすれば、父の部屋に扉一つ分の鍵の押入れというものがあったことです。
そこは父の大切なものが保管してあると聞いており、それ以上聞いても答えてくれず、私もそんなものかと捉えていました。

続きを読む

深夜に双眼鏡で街を見てると、おかしな奴と目が合うってヤツがあるだろ?

双眼鏡とはまぁ違うんだけどさ、監視カメラのモニタを見てると、画面の向こうのヤツと目が合うことが意外と多いんだよ。

誰でも経験あると思うんだけど、コンビニとかでレジ待ちしてる時にふと監視カメラが気になって見上げちゃうことってあるだろ?
あの瞬間、カメラの向こう側でモニターチェックしてる奴と目が合ってるわけだ。

前に地元の大型スーパーマーケットで警備のバイトやってたんだけど、8時間勤務のうち3時間はモニター監視だったんだよ。
そのスーパーが結構広くて、監視カメラの台数もそれなりに多かった。

続きを読む

↑このページのトップヘ