怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

うちの両親にも同じような話がある。

親父は貧乏農家の小倅で隣町の病院の裏の空き地に行ってはアンプルだの紫のフラスコだのを拾って宝物箱に大切にしまっていた。

ある時、二眼レフのネガ的な物を拾う。
光に翳すと眼鏡にスーツ姿の紳士と幼女が写っている。
何せ田舎の貧乏家庭の親父だからそのフィルムも宝物にして箱の中へ大切に保管。

やがて結婚し新居に引っ越す時、その宝物箱が出て来て母に説明しながら見せていた。
すると母は例のフィルムに反応し詳しく聞き出した。

続きを読む

仕事にいく道すがら。
場所は青山。
時は一年前くらい。
お昼頃。

仕事へ行く通り道(ちなみに仕事場のすぐ目の前)ふわふわと目の前の花壇の上を大きな綿毛のようなものが浮遊していた。

オカルトが好きで欲望にまみれている私は「おや、これはケセランパサランかもしれない!」と思い捕獲しようとしたんだけど、あっという間に風に乗ってビルの壁に沿って天へ舞い上がり消えていってしまった。
残念だなーと思った。

続きを読む

高校の頃、学校行事で2ヶ月間マグロ漁をしながらハワイまで行く乗船実習をやった。

ある日、夜中にタバコが吸いたくなりダチと船の一番上のデッキに登りスパスパしてたその時に妙な音が聞こえてきた。
最初は風の音かと思ったが何か違う。

周りを見渡すといつの間にか数十メートル先に船がいた。
・・・が、様子がおかしい。

続きを読む

小五の頃の話。

塾の夏期講習が終わった後に、水風呂入ってさっぱりするのが日課だった。
午後五時過ぎ、いつも通りひとっ風呂浴びて体を拭いてる時、すっかり日常の音と化してる車の通過音が全く聞こえないのがふと妙に思えた。(因みに家は国道沿い)

なんか気持ち悪いな、と思いつつもそのまま体を拭いていると、突然「チチチチチチチチ」と聞き慣れない音が脱衣所中に響き始め、異様な事態に流石にビビって思わず発信源を目と耳で追ってしまった。
隅のアナログ時計だった。

その時計の針全部がもの凄い勢いで反対に回って、つまり巻き戻っていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ