怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

まさに昨日の体験談。
夜10時くらいまでサッカーのために仮眠。
で外で飯食いにいくついでに軽くドライブするかーって山道に入った。

外は涼しかったし、車の通りもほぼない状態なので、すいすい快適な運転を楽しんでいた。
県境越えてもっと走りたいなーと思ったんだけど、決勝はいままでより1時間早いことに気づいた。
『いけね、そろそろ帰らなきゃ・・・』と思って細い山道を左折したのが運の尽きだった・・・。
ふつうにUターンすればよかった。
で、その細道なんだけどものすごく不気味だった。
真っ暗で木の枝が垂れ下がってて洒落にならない状態。

『はぁ~、なんか嫌だなぁ。はやく明るいところでないかなぁ・・・』と祈りながら車を走らせてた。

続きを読む

身内じゃなくて友達の話ですが、直接の友達なのでご容赦。
怖いと言うより不思議な話。

大学の一つ後輩のO君は、何故か不良品を掴みやすい人です。
PCの自作をすると、必ず不良品が3つか4つは混ざっています。
一度私に電話があって、フロッピードライブが煙を吐いていると言ってきたこともありました。
マウスが壊れて買い換えたときは連続5~6回不良品を掴んだので、嫌になって他人に買ってきてくれと頼んだら良品でした。

続きを読む

今日久しぶりに実家に行って、今さっき帰って来た。
実家と言っても今は祖父と祖母と猫が住んでいるだけなんだけど。

母がまだ生きてて一緒に住んでいた頃とは違って、陰湿な雰囲気というか、とにかくじめっとしてて、いい感じではなかった。
今日は午前中に雨が降ったからそのせいだろう・・・と思い込むことにし、猫を膝に乗っけてしばし祖父母と閑談した後、ふらふらと近所を歩き回った。

そう広くはないのですぐに一周してしまい、先祖や母が眠る墓に行って草むしりなんかして家に戻る頃には夕方になっていた。
角を曲がって坂道を下り始めると実家が見えてくる。
その二階の物干し台に、誰かが立っていた。
すぐに祖父だと思った。

続きを読む

以前勤めてた会社での話。

企業用HPとか作ったりする会社だったんだけど、帰宅直前にクライアントが急な修正とかで会社に寝泊りなんてザラ。
いつも夜遅くまであるから昼休みに気分転換とかで近所のゲーセンへよく行ってた。
そのとき7~8cmぐらいのカエルのオモチャをゲーセンで取ったのね。
中に音声の機械があって叩くと反応して笑うヤツ。

チャチな似非ファービーみたいな感じって言えばイメージ分かるかな。

続きを読む

学生時代の友達Aと俺の会話。

A:「霊感あるほうじゃないんだけど?昔から町を歩いてたら、電柱の影から手招きしてる白い手とか夜中に公園の砂場で遊んでる子供とか見えたり、マンションの5階に住んでるのに窓たたかれたりとか、他にもなんとなく人の死期がわかったりするんだよね」

俺:「何くだらない事言ってるんだ?」

A:「ほんとうだってじゃ芸能人の××一週間以内に死ぬよ?この頃TVで見かけて何となくそんな気がしたんだよね」

俺:「何馬鹿な事いってるんだ?」

一週間後、その××が死んだとニュースがながれました。

続きを読む

↑このページのトップヘ