怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

もう20年近く前のことになるんだけど、今でもよく状況が掴めていない話。

当時俺は小学1年生で、2つ下の妹が幼稚園に通っていた。
ふたり兄妹だった俺達は仲が良くて、学校から帰るといつも一緒に遊んでいたんだ。
年齢が年齢だけに子供ふたりだけで遠くに行く事は禁止されていて、大抵は家の中で何かをし、それ以外だと、家の2軒隣の空き地で遊んでた。(ドラえもんに出てくる空き地から土管を取り去ったものと想像して欲しい)

これはその空き地での話になる。

その日の遊びは宝探し。
なんて事はない、空き地の中に落ちている価値のありそうなものを探す、という遊びだった。
どちらも子供だったからモノの価値なんて分からなくて、綺麗な石やビー玉、BB弾あたりが主な収穫物。

「今日は負けないぞー」なんて言いながら、バラバラの場所でそれぞれの宝を探し始めた。

続きを読む

不思議系の話をいくつかご紹介・・・。

【天狗に育てられた?】
私の叔父の話。
場所は山陰地方に属する地味な県のさらにド田舎。(私からしたらお爺ちゃんち)

叔父が1才だった頃、行方不明になった。
お婆ちゃんは洗濯をしてたらしくて、長く見ても目を離してから30分もたってない。
まだ歩けないから、行動範囲なんてたかが知れてるのに、どこを探してもいない。
警察に連絡して捜索してもらったけど見つからなかった。
一応、行方不明ということになってるけど、もう皆死んでしまったと思ってたんだって。
当時は今と違って貧しい時代だから病気で死ぬ子供も多かったみたいだし、子供もたくさんいたから、今よりは子供に対するそういう感覚が違ったのかもね。

続きを読む

二年前のスカイプで起きた話を投下する。

当時、ネットゲームのF○Zをやりながら、仲の良い二人(BとGとする)と会話していたんだ。
その時は俺がホストだったんだが、相変わらずの切断落ちで落ちてしまって掛け直し。
落ちた事をネタにしながら話そうかとしたら、どうも様子がおかしい事に気付いた。
二人とも笑っている・・・。
このゲームで知り合ってから一年以上だが、違和感のある笑い声。
また俺をネタにして笑っているのか?と思って喋ってみるが反応がない。
マイクに問題があるのか?と思って音量を確認するが正常。
原因が分からないままの俺は、笑い続けている二人に掛け直す事を言い残し切った。

再度掛けなおし、二人が出たところで念の為にマイクテストを行う。

続きを読む

不思議系のお話をいくつかご紹介・・・。

【過去が変わったのに気づいていないだけ】
昔、高校受験の勉強で市販の問題集をやっていた時の話だ。
一通り回答した問題の答え合わせをやっていたのだが、1問だけ正解と解説を読んでも分からない問題があった。
何度計算してもAなのに、問題集付属の解答にはBと書いてある。

しばらく考えて気付く。

「これ問題集の模範解答の方が間違ってるじゃん・・・」

イラッときた俺は、模範解答を赤ペンで書き直してやった。

「ハハッざまぁw」

市販の問題集といえど、誤字脱字間違いは時々あるので、別にそこまで気にしていなかった。

続きを読む

俺、子供の頃、オランダのユトレヒトって街に住んでたのね。
親の仕事の都合で、俺が小学校1年生~6年まで。
本当は在蘭日本人は日本人学校に行くんだけど、俺はなんか日本人学校の空気がどうーも苦手でさあ、もっぱら地元の小学校に通って、オランダ人の友達と仲良くやってたわけよ。
で、ユトレヒトの街の郊外に俺んちはあったんだけど、ご近所でクラスも同じ、ロゥベルツ(男子)とイェシカ(女子)って子がいたのね。
この2人と俺で、毎日よく遊んでたんだわ。

ある日のこと。
3人でいつもの公園で、ハイディンズルッカっていう、まあ『かくれんぼ』みたいな遊びをやってたのね。
俺がオニで、単純なロゥベルツはすぐ見つかったんだけど、どうしてもイェシカだけ見つからないんだわ。
もう2人して必死で探してたら、公園奥の森からギャアギャアと泣き喚きながら走ってくるイェシカが見えたのね。
で、事情を聞くとこう言うんだわ。

イェシカ:「森の中に怖いオバケがいっぱいいた」

イェシカ:「鍋で人の手みたいなものを煮込んでいた」

続きを読む

↑このページのトップヘ