怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

当時、学生だった私は合コンの後抜け出して、男女4人で茅ヶ○の海に行きました。
深夜ということもあり人影もなく波の音だけが聞こえていました。

私達はビール片手に花火をしたり、トンネルを掘って遊び、アパートに戻った
のは午前3時ぐらいでした。

ところが、アパートの駐車場で一緒に行ったAが「ないっ!ないんだよ!!」と焦った声を出したのです。

「何がないんだよ!」と聞くと、「指輪がないんだよ!」というのです。
確かにAはシルバーの指輪をいつも着けていたのですが、それがないのです。

続きを読む

大学生の息子の一学年上の女の子が、とあるオーディションに合格し芸能界デビューしました。
コマーシャルやバラエティで見かけることも増え、息子は「◯◯教室に通っていた時に一緒に写真撮っておけば自慢できたのになー」と言っていて、その流れで思い出した事を書きます。

息子が小学校低学年の時に始めた習い事の教室で出会った彼女。
もちろん可愛らしいお嬢さんではあったけど特に目立つ感じではなく、ごく普通の女の子。

続きを読む

小学校4年生の時に仲の良かった友人が転校した。
自分は東京で、友人の転校先は高知。

当時はメールとか無かったし長距離電話もしづらかったから、手紙のやり取りをしてた。
小学生だからファンシーなレターセットでね。
シール貼りまくったり、イラスト描いたりして。
一年半くらい続けた後、急に向こうから返事が途絶えた。
で、ブランクが空いてから3ヶ月くらいして、久しぶりに手紙が届いた。

続きを読む

文章じゃ伝えづらいけど、実体験した洒落怖。

先日、夜道でレ○プされそうになった。
私の職は激務で、日付変わっても仕事してる事も多いんだけど、その日はたまたま23時くらいに上がれて、歩いて15分くらいのアパートまで徒歩で帰ってた。

いつもスマホで音楽聞きながら帰ってるから気付くの遅れたんだけど、真後ろに人がいた。
気付いたときにはもう残り3メートルくらいで、え?と思って振り返ろうとした瞬間に肩と腕掴まれてパニックになった。

続きを読む

俺が中学生の頃だから、随分昔の話だ。

俺の住んでた田舎では奇妙な風貌の人をワリと良く見かけた。
俺の家から中学までの通学路に、鬱蒼と繁った木々に囲まれたボロアパートが建っていた。
そこはどうやら奇妙な風貌の人達が住んでいる所らしかった。
中学では噂になっていたし、実際そこにいろんな人が入っていくのを俺自身見かけていた。

そのアパートの道の脇には用水路が流れていた。
幅は2m程度で、覆いも段差もなかった。
道の脇にいきなり1m落差の用水路があったわけだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ