怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

知り合いの話。

彼の祖父はかつて猟師をしていたという。
遊びに行った折に、色々と興味深い話を聞かせてくれた。

祖父:「昔、時々連んでた鉄砲撃ち仲間がいたんだけどな。大分前に死んじまった。山に入っている時、誰かに鉄砲で撃たれてな。ああ、当然警察沙汰になった。あの時そこらの山に入っていた者が皆、取り調べを受けたりしたよ」

しかし事件は、調べが進むうちに奇妙な運びになったらしい。

続きを読む

別に怖くないけど誰も信じてくれないから読んでくれ。
なるべく短くする。

俺が小学生の頃、夏休みに寺で座禅したりお経読んだりする体験があったんだけど、(「子供、禅の集い」ってやつ。)友達が行くって言うから行ってた。

最初行ったときは、座禅とかしんどいけど、楽しい!って思って、毎年行ってたんだけど、小6の最後の禅の集いのとき・・・。

この行事は毎年いろんなとこにお寺を貸しきってやるんだけど、その日の遊びとして肝試しがあって、寺だから当然お墓もあるわけで、お墓が舞台となった。

で、お坊さんたちが脅かし役やったりして怖い。
5人一組で集団で行くわけだけど、決められたルートもあるのに、俺たちは迷って変な道をいってしまった。

続きを読む

たいして怖い話ではないんですが・・・。

お盆に一人で墓参りに行ったときのことです。

霊園に着いたのが正午だったせいか、自分以外、誰もおりませんでした。
バケツを運ぶ途中、お墓の前にしゃがんで拝む女性を発見。

「ああ、自分以外にも参拝者がいたんだ」

そう思いながらその女性の横を通り過ぎ、なんとなく振り向いた瞬間、その女性の姿は消えていました。(今日、そこの霊園に墓参りに行くんだけど、今度は何もないといいな)

それから以前住んでいた家は幽霊が出ました。

続きを読む

もう10年以上前の話。
今でも鮮明に覚えていることがあります。

私が自宅に帰ると台所にお供え用のお菓子がたくさんおいてありました。
花や団子の形をした砂糖で出来たあのお菓子です。

分家の我が家ではまだ誰も亡くなっておらず、仏壇さえありません。
私は誰かに不幸でもあったのか?と思い母に尋ねると「昼間、運転中にとても美味しそうなお菓子が見えたの。車を止めて買いに行ったらこれだったのよ。」と母。

お菓子だけが気になり、店もわからず入ったところがお菓子屋ではなく、葬儀関係の店だったというのです。

続きを読む

私が一人暮らしをしてた頃の話です。

どうやら、住んでたその部屋に異常があると気がついた頃には、既に霊障がほろほろ出ていました。

まず、部屋が異様に湿気てる。
底冷えのする寒さ。
すきま風。

その湿気ですが、布団をめくるとマットのウラがびっしょり濡れていました。
こんな経験をした方いますでしょうか?

乾かしても、乾かしても毎日、お漏らしでもしたかのような湿り方。
汗をかいてもいないのに、布団のマットのウラがまぁるくぐっしょり濡れる。

変だな・・・。

続きを読む

↑このページのトップヘ