怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 不思議系

車の免許を取ったすぐのことでしたので、18歳の夏頃だったと思います。
当時は親の車を借りて、夜になれば友達とドライブに出掛けていました。
カーステレオを掛けながら、どこか知らない土地までドライブする。
お腹が減ったらハンバーガーを食べたり、ファミレスに入って腹ごしらえ。
そんな事をくり返していました。

ある時いつものように友達を誘って、男二人で夜のドライブに出掛けました。
どこをどう通って行ったのかあまり覚えていなのですが、見慣れない山道を走っていました。

山道と行っても片側1車線のキッチリと舗装された道路です。
ガードレールもあるので、国道か県道なのでしょう。
少ないながらも街灯があるような道路でした。

続きを読む

皆さんは何気ない偶然が後に必然だと気づいた事ってありますか?

某地方国立大学の大学院生をやっています。
以前からこのスレを見ることはあったけど、僕は文章を書くのが苦手だし正直書くか書くまいか悩んでた。
人の運命ってのは偶然っていう必然性の中に囚われている様な気がしてならない。
少なくとも僕達姉弟はそれぞれ変わった経験をしながら生き、僕はそれをいつも眺めているだけしかできなかった。
だから何かできることは無いか考え誰かに伝えるべきなのかもしれないという結論に至ったんだ。

僕の曾祖母(ひいばあちゃん)は生前とても霊感の強い方と言われてました。
僕の二人の姉も子供の頃霊感があったらしい。
曾祖母(ひいばあちゃん)の土地にはオシラサマを祭っていたそうなので確かな話なんだと思っています。
しかし理系人間の僕はあまり幽霊だとかの存在は信じてません。
それ故に逆にこの手の話はたまらないですし、そういった映画も良く見ます。
ゾワゾワくる感じはたまらないw
それでも、どうしても納得のいかない体験がある。

続きを読む

怖くはないのですが、不思議な体験をしたので投稿します。

もうかなり前のことになりますが、当時私は金属加工の小さな工場を経営していて、折からの不況もあってその経営に行き詰まっていました。
そしてお恥ずかしい話ですが、自殺を考えたのです。

もう子供たちは成人しておりましたし、負債は生命保険で何とかできると思われる額でした。
今にして思えば何とでも道はあったのですが、精神的に追い詰められるとはあのことでしょう。
その時はそれしか考えられなくなっていました。

五月の連休の期間に家族には告げずに郷里に帰りました。
郷里といってももう実家は存在していなかったのですが、自分が子供の頃に遊んだ山河は残っていました。

続きを読む

死ぬほど怖い、という訳でもありませんが自分が体験した不可思議?な過去を突然思い出しましたので忘れてしまう前に書き込むことにします。

確か僕が幼稚園の年長~小1の頃だったかと思います。
当時、僕は父親の勤める会社の社員寮に住んでいました。
その社員寮はアパートタイプと一戸建てタイプがあって、アパートの裏には小さいながらも遊具とかある空地がありました。(僕の家はアパートでした)

ある夏の日、近所の友人たち10人程とかくれんぼをして遊ぶことになりました。
鬼の子が数えてる間に僕はどこに隠れようか寮の敷地を駆け回りました。(寮の敷地から出てはいけないルールでした。遊ぶには十分広かったので)

続きを読む

すべての始まりは一人の女の子との出会いでした。

俺の仕事は女性のお客様が多いサービス業、なので楽しい話から怖い系の話も結構聞くほうでした。
その女の子は彼氏の紹介で来店してくれて、俺と彼氏の方とはだいぶ付き合いも長い方なので俺が怖い話などが好きなのも知ってました。
で、その彼女さんの話では彼氏がどうやら幽霊などが見えるらしい。
しかもかなりはっきりと・・・。

以前、彼氏さんからは身内に起こった心霊現象のトラブルの話は聞いていて、それを解決したのが彼女だとも聞いてたので、俺は内心どんな話聞けるかワクワクしてた。

続きを読む

↑このページのトップヘ