怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

ワンルームマンションに住んでるんだけど、ある夜ちょっと近所のコンビニでも・・・と思い1階に降り玄関に向かうとオートロックドアの外に一人の女性が立ってた。

女性は外に面している道路から身を隠すように柱の陰に立っている。
何か挙動が変だがまぁ見た目は普通の女子大生風。

続きを読む

15年前の話。
とある別荘に友達5人と夜中遊んでたら風がビュッて感じで吹いたと同時にガラス窓を突き破って40くらいのおばさんが転げて入って来た。

最初、なにが起きたか皆固まって血だらけのおばさんを見てるだけだったけど、その別荘の持ち主の伯父さんが「おばさんに大丈夫ですか?」って声をかけた。

続きを読む

俺は40周辺の男性。

現在は無職、まあパワハラで精神病んで退職。
実質は解雇。
裁判起こせば勝てると医者にも言われた。

俺の母方の祖父の母親、解りやすくいえば母方の曾祖母がいわゆる霊能力者だったらしい。

普段は、今で言うと重度のリウマチだったらしい。
食事・トイレの世話も祖父がしていたとのこと。
不思議なのは、曾祖母の家には豪華な神棚があったそうだ。

続きを読む

「畜生塚」って知ってるか?

秀吉の甥、秀次の官位をもじって「殺生塚」とも言うな。
でもオレがこれから話すのは言葉通りの「蓄生塚」だ。

山を生活の場にしている者の中には今でも地方の名も知れない小さな山の中にひっそりと立っているのを目にしたことがあるかもしれないな。

そんな時はちょっと立ち止まって手を合わせておけばいいくらいのものさ。

でも中には、とんでもなく厄介なものもあってさ、扱い方を間違えるとひどい目に遭う。

続きを読む

私の父は多少霊感があるそうです。

父曰く、「見えると行っても、何を訴えているかなんて全くわからないし、もちろん祓うことも出来ない。害がありそうか、なさそうかくらいしか感じることが出来ない」とのこと。

そのため、何かを見てしまっても周りの人間に話すことは滅多にありません。
話したところで周りを怯えさせるだけで何も出来ないから、と。

父の霊感の真偽のほどは定かではありませんが、家族は皆なんとなく信じています。

私の家族は夏になると毎年恒例で海に旅行をしていたのですが、その年も静岡の海に何泊かしました。

続きを読む

↑このページのトップヘ