怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

近所のおばさん、私が子供の頃から太っていて豪快な人だった。
「痩せたいわーあははは!」とか言いつつどんぶり飯をかきこむ感じ。
進学で地元を離れ、数年ぶりにおばちゃんに再会したら、すっごく痩せていてスレンダーに。
おばちゃんいわく「体重が半分くらいになった」そうだ。

155センチくらい、80キロ位あったのが40になったとかで、本人は実はちょっと気にしていたらしく本当に喜んでいた。
しかもいくら食べても太らないし、運動しなくても痩せたらしい。
でも顔色がとにかく酷い。

痩せて色んな服を着るようになり、カラフルな服に青黒い上たるんで、生気のない顔が怖かった。

続きを読む

小5のとき、幼なじみと英会話の塾に通ってた。

ある日の帰り道、面識の無いおっさんに呼び止められた。

「ちょっと僕、ここ見てごらん。面白いものがあるよ」

おっさんは手招きして停めてあった車の運転席のドアを開け、そこから中を覗いてみろと言ってきた。

ものすごい怪しい。
幼なじみもいぶかしんでいた。
ただ、自分は当時からキョロ充で相手がこうしろって言ってきたことを拒否できない人間で(街で配られてるティッシュやチラシは必ず受けとるし、街頭アンケートもうまく断れない)今回も相手が中を見ろって言ってきた手前、断りあぐねていた。

続きを読む

大学時代の話。

午前0時頃、家の近くの道を歩いてたら、「行けー!」と声がして、駐車場から数人の男女が笑いながら飛び出して来た。
先頭は女子3人だったのは確実で、その後ろに男2人がいたと思う。
明らかに自分に向かって突進してきていたので驚き、今来た道を引き返して、近くのファミレスへ駆け込んだ。

大笑いしながら追いかけて来た男女は、自分が店に逃げたのを見て、店の窓に石を投げつけてから逃げ去った。

続きを読む

又聞きになるが、とある老夫婦の話。

数年前に脳梗塞で半身不随になった妻(老人)を、夫(老人)が介護していた。
娘がいたが、同居せずに少し離れた所で暮らしており、時折様子を見に来ていた。

ある日、近所の住民から「最近夫婦の姿を見ていない」との通報が警察に届いたので警察官が駆けつけると、妻は浴槽内で、夫は風呂場の床タイルの上で事切れていた。

司法解剖の結果、夫の死因は脳出血で妻は衰弱死(溺死?)と判明したが、問題は死亡推定時刻。
実は夫の方が妻よりも数日早くに亡くなっていた。

続きを読む

先月の出来事です。

俺は大阪で働いてて、母親は福岡の実家で一人暮らししてる。
月曜日だったか火曜日だかに、、ここ1ヶ月ほど連絡取ってないなってふと思って、週末に電話でもしてみるかってなんとなく考えてた。

その週の土曜日。
そのこと思い出して電話してみたんだが・・・・そしたら、電話に出た母ちゃんが消え入りそうな声で「心臓が苦しい・・・」って。
焦ってご近所の知り合いに連絡して、様子を見に行ってくれるように頼んだんだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ