怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

俺のバイト先は24時間営業している薬局で、店の前には店長が「客寄せ」のために
設置した、ものすごい勢いで左右に旗を振る電動式のパンダの人形が置いてある。

先日、俺が夜のシフトで勤務していたとき、入り口付近を掃除しようと思って外に出たらOL風の女性が、そのパンダの人形をじーーっと見つめていた。
近所でもキモイと評判のパンダなので、ああまた注目されてるなと、たいして気にもせず掃き掃除をしていたが、どうもそのOLの様子がオカシイ。

続きを読む

3年ほど前の春先の話。

どこかに出掛けて、19時過ぎに帰宅。
車庫のシャッターを開けるため、車から出ようとすると、出掛けに閉めたはずのシャッターが開いている。
うちの車庫は二階を物置にしているから、自分の留守中に家族が開けて閉め忘れたんだろうなと思い、特に気にも留めなかった。

続きを読む

纏足

中国でかつて行われていた奇習。
女性の足を縛り極小化した奇形をつくりあげる。
後宮に入った女が自分の足で逃げられないようにするため宮廷から広がったともいわれる。

纏足の手法は様々であるが、骨を折るというようなことはせずに、基本は骨の柔らかい幼児のうちに折り曲げて縛るというのを三年ぐらいかけてやる。
もちろん変形するまでには、魚の目や化膿などによる激痛があり「小脚一双、眼涙一缶」(一揃いの小さい脚を作るためには、壺一杯の涙が必要である※缶の字は違う)と言われる。

続きを読む

昔、怖い話をまとめた本で印象に残った話。

マンションの壁に巨大な字で「姉」と書かれていた。
人が書けるような位置ではない(挿絵では屋上近くに書かれていた)。
そのマンションで「姉」が死んだとかそういうのはなかったらしい?
とにかく意図もわからなく、意味不明。

続きを読む

↑このページのトップヘ