怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

昔、ダイオキシンを含んだ農薬が農作物に使用されていて、廃止になったことを知っている人はいると思いますが、その当時、国家政策レベルで全国の農家にダイオキシンを含んだ農薬が配布され、水田に大量に使用されていたそうです。

現在はもちろんその農薬は禁止されていますが、現在もその田畑で作物が栽培され、農家や都市で皆さんの口に入っています。

・・・が、ダイオキシンの土中残留濃度は?
大丈夫なのでしょうか?

続きを読む

ある男女がワインを飲みながら、暖炉の前でくつろいでいた。
すると、男が突然泣き始めた。

男:「ああ、僕はこんなに幸せでいいのだろうか。僕は今までに3人の妻を亡くしているのに」

女は男の傍に行き、男を慰めた。

女:「大丈夫よ。あなたには幸せになる権利があるもの。でも、奥様はどうして亡くなられたの?」

男は泣きながら女の言葉に答えた。

続きを読む

高校生のころに、ある友人から聞いた話。

その友人(以下A)は運動部に所属していて、福島県内のある青年の家で合宿をした。

夜、他の友人たちと、施設内をブラブラあるいたりしてまったりしてたらしい。
自販機のある区画でたむろしていると、ある友人が、「あれ、だれだ?」と。


続きを読む

引っ越したばかりの頃、留守電にしばしば変なメッセージが入った。
なんか人の多そうなザワザワした音を背景に、暗いトーンの女の声で、『・・・・・・あーあ、嫌だ嫌だ・・・やることいっぱいあるのに・・・何で私ばっかり・・・』みたいな、独り言みたいな文句をブツブツ呟く声が入ってて、しばらくすると切れる。

当時はナンバーディスプレイとかもまだあまり浸透しておらず、こっちから相手を突き止める術がなかった。

続きを読む

未だにトラウマで一人暮し出来ない。
昔一人暮ししてた頃、私の部屋に数日間見知らぬ人が潜んでた事があった。

ある日を境に、帰宅する度に部屋の様子に違和感を感じ始めた。
私は記憶力には自信があって、少しだけれど明らかに位置がずれてるごみ箱とか見ておかしいと確信したものの、どういう事か状況を理解出来ないから、首を傾げてばかりだった。

続きを読む

↑このページのトップヘ