怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

高校時代に姉がボランティア活動に誘われてから家庭が崩壊した。
私が高1で姉が高3だった時の話。

姉の性格はヒステリックかつ悲観的でちょっとしたことでも悪い方に考えては私に愚痴りに来て「きっと~~がそうで、~~がそうなんだ・・・」と言い続けた。
肯定か否定かは姉の気分次第で私が姉の欲しい答えをキッパリ返すまで「でもでもだって」を繰り返す人だった。

ずっと両親も「そんな考え方は良くないよ」と言ってたけど治る様子もなく小さい頃から依存されてた私は正直姉が煩わしかった。

続きを読む

職場の先輩から聞いた話。

前は派遣で、派遣先のフロアには女性は派遣だけ10人ほど。
女子トイレには個室が2つ。

ある日、その個室の1つが朝からずっと閉まったままだった。
最初なんとも思ってなかったんだけど、フロアに全員揃ってるのにやっぱり閉まってる。
ということにみんな気がついて、これはおかしいと騒ぎ出した。
ドアノックしても返ってくるだけで、誰か倒れてるのかと声かけても返事はない。

続きを読む

おばあちゃんは優しい人だったけど、老人性痴呆になってしまった。

ある日、母さんが老人介護の勉強のためにテレビを見ていた。
おばあちゃんはもうすっかりぼけているのに「こんなにぼけてしまったら、家族が大変だねえ」と言いながら見ていた。

続きを読む

これは夏の話。

その家は広い敷地の中に大きな母屋と、その左隣にその家の持ち物の借家が何件か建ってたんだ。
塀があって、門があって、そこから敷地に入ると駐車場代わりの広い庭で、その奥に建物が建ってるってわけ。

その突きだけど、うるさいからバイクで入っちゃダメなのね。
だから門のとこでバイク停めて歩いてそこまで行くんだ。

でね、その朝4時前位のまだ真っ暗な頃、その母屋のポストに新聞入れてたらさ、後ろで「ジリッ」って音がしたんだ。

続きを読む

初めてウチにネット環境が整ったのはオレが中3の時。
頑固な親父に頼み込んで何とかISDN入れてもらったのね。

で、ルータが届いて最初に友達が来た時、みんなでネットやりながら駄弁ってて、何かの拍子に「いいよなー親父さんが優しいとさー」って言われて(勿論単に羨ましがられただけだったのだが)、まるでオレが親に可愛がられてるみたいに聞こえて、遅い反抗期真っ盛りだったオレは慌てて。

続きを読む

↑このページのトップヘ