怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

昔の中国の城塞都市では戦争になったら門を閉ざして敵兵を中に入れないようにしてたんだって。
でも、これには問題があって田んぼや畑も外にあるんで、市民が食べるものが無くなっていくんだよ。

んで、街の司令官はどうしたと思う?
市民を食糧にしたんだよ。
ランダムで市民の中から食糧になる人を選ぶんだ。

続きを読む

キチガイじみてる話であって幽霊的なものではないけど投下。
よくさ、使われてるのか使われてないのか分からないような廃れた寺とか神社あるじゃん?

俺が昔住んでた地域にもそんな寺があってさ。
人が入れないような雰囲気なのよ。
なりふり構わず寝床を欲するホームレスが何人かいたけどそれくらい。
とにかく、言葉では表現し尽くせないほど不気味だった。

ガキも足を踏み入れないような場所・・・のはずだったのに足を踏み入れた勇者がいた。
当時小学生だった俺の友達だ。

ひとりで足を踏み入れ、しばらく散策したのち目をひん剥いて走って帰ってきた。

続きを読む

当方、資料室配属ではないのだが、ひょんな事情から職場の事件簿を何冊か見る機会を得た。
この板に相応しい心霊事例みたいな不可解なものはワンサカあったけど、敢えて非心霊の事例を報告いたす。

覚えてる範囲から簡潔に言うと、「昭和61年に開放病棟で、入院患者(病名・性別・年齢は不掲載)が側管タイプの点滴に水銀を混入されてあぼーん」。

続きを読む

フェイクありの実話を。

知人夫婦は40代で、裕福。
子沢山で仲が良いすてきな夫婦だった。

しかし数年前、奥さんが鬱になり自殺未遂。
幸か不幸か助かったけど、奥さんは車いす生活になってしまった。

旦那さんは子供たちの世話と奥さんの介護で病み、数年後アル中に・・・。
で、ある日職場の飲み会で、深夜まで浴びるように酒を飲み、路上で爆睡してそのままトラックにはねられて亡くなった
トラック運転手は逮捕された。

続きを読む

こないだ久々に会った知人が後味悪だった。
むしろかすかにホラーかもしれない

その子5歳になる娘がいるんだけど、子供に敬語使わせてるのね。
誰区別なく丁寧語で、しっかりしてる感じで好感も持てるけど窮屈じゃないのかなとはつねづね思ってた。
会ったのはカフェ的なとこだったんだけど、娘が店員さんに思わず「うん」って返事しちゃって、それ聞いた知人ブチギレ。

「敬語で話せっていってるだろうが!」とか。

どっちかっていうとおっとりした子だったからもうビックリですよ・・・。
娘はゴメンナサイって言って俯いてた。

続きを読む

↑このページのトップヘ