怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

ようやくこの私の周りにもオカルトな事が起こったので書く。

うちの両親はリサイクルショップを営んでいて家具の買取りなんかもやってるんだけど、その日も客から「家のものを全部処分して欲しい」と言う依頼が来たので、従業員が処分しに行ったらしい。

それが夜21時回った位で、私と家族はご飯食べようとしてた。
そしたら処分しに行った従業員からいきなり父に電話がかかってきて、何か「幽霊が出るから捨てられない」とか「おばけが出る」とか、わけわからん事言ってて話にならない状態。

しょうがないので父が現場に行く事になり、問題の家に入ってみた。
まず気になったのは「虫が居ない」。

続きを読む

ジャケットの内側ににカメムシが3匹。

『うぁっ!』ってな変な声で道の真ん中でびびってしまい、恥ずかしいやら臭いやら、無我夢中でジャケットを振り払うが中々落ちない。

なんでこんなにがっしりしがみついているのか?
なにが彼らカメムシをそこまでこのジャケットに固執させるのか?

そんなことはどーでもいい。
お前ら臭いんだよ。
引きこもりのネラーより臭いんじゃねぇかコノヤロー!と、必死でカメムシを振り落としたが、あいも変わらずジャケットは臭い。

続きを読む

俺のマンションは駅から歩いて1分というかなりの好条件にありまして、でもそのかわり夜中でも貨物列車やらで煩い。

でも、窓開けてても気にならない位には俺は図太い方だったんで、好立地の割りに家賃も格安だった事もありそこに決めた。

引っ越して二年は何事もなく過ぎてた。
そんな俺の図太い性格を持ってしても、上の音は気に触る。

先週は寝不足が元で顔色が悪かったらしく、新人の頃よりお世話になってる先輩が心配して声を掛けてくれた。
だから上の奴の愚痴を全部ぶちまけたら、図太い俺が気になる音なんて聞いてみたい、と面白半分に言われて先輩が先週末泊まりに来る事になった。

続きを読む

怖いつーかグロいつーか・・・。

友人と二人渓流釣りに行った時のこと。

釣り場に着いて用意してると何やら上が騒がしい。
どうやら猿の声、無視しようとしたが友人の「石投げ行こうぜ」の誘いに乗り、少し上流に向かった。

少し登と滝があり、滝の下に猿がたむろしていた。
石投げたら一斉に猿が散ったがボス猿は残った。
大勢の猿たちで見えなかったが猿が囲んでいたのは倒れた人間だった。

続きを読む

↑このページのトップヘ