怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

美容師さんから聞いた話。

仕事柄、色んな職業の裏話が聞けるらしく、これから記すのは、その美容師さんの客である看護師さんから聞いた話。

人づての話で、かつうろ覚えの部分もあるのであいまいな点やツッコミ所があってもご了承を。

モグリの医者ってのはなぜだか京都に多いらしい。
で、俺の住む県にもそういった医者はやはり存在するんだと。

その看護師もそういった病院に勤めていたらしい。
何をしていたかっていうと、いわゆる人工妊娠中絶。

今一応確認の為にwiki見てきたけど、法律的には妊娠22週間未満でなきゃできないらしいな(適当でスマン)。

続きを読む

俺の復讐ではないんだが、うちの会社は圧迫面接は絶対にしない。

二十数年前に人事担当者が再起不能なまでにやられたから。

面接担当者のAは会社の面接時に圧迫面接をやっていた・・・。
というか会社側から特に指示はなく、自分が好きでやっていた。

ある日、いつもの様に圧迫面接を終えた日、上機嫌で帰ったAは次の日変わり果てた姿(死んではいない)で発見された。

帰宅途中に数人の暴漢に暴行を受けたAは指を1本ずつへし折る・耳にキリを突っ込まれる・目玉をえぐられる等の凄惨な行為後、玄関前に捨てられていた。

続きを読む

友達の職場に、県内の人間なら誰でも知ってる事件の犯人の父親がいて、その犯人の家族の話を聞いたのが修羅場と言うか衝撃だった。

詳しくはぼかすけど、犯人本人は放火のつもりじゃなくて軽い嫌がらせで火の着いたタバコを捨てたら電気系統がショート?して店がまるごと焼けて何人か亡くなった事件。

犯人はすぐ捕まったんだけど、ケガをした人、亡くなった方の遺族への慰謝料だけじゃなく、店舗の賠償、売上の保証×建て直しの期間分、従業員の給料の保証×店舗建て直しの期間分で十数億の請求?があったらしい。

人命だけ賠償するんじゃないんだって改めてゾッとした。

犯人の父親は県内の人間なら誰でも知ってる企業に何十年も務めてて、あと10年もしないうちに定年退職だった。

続きを読む

学生時代、コンビニで夜勤のバイトしてた。

後輩で入ってきた奴が実に使えねー奴だった。
ミスは多いわ、おどおどびくびくした態度でDQNに面白半分に絡まれるわの馬鹿だった。

俺と一緒にシフト入りする機会が多かったんだが、ずっとシカトして朝まで黙々と仕事。

たまに話し掛けられても、生返事を返して無視。
ずっとその繰り返し。

ある日を境にそいつは来なくなった。
体調を崩してバイトを止めたと店長から聞いた。

続きを読む

学校の先生から聞いた凄まじい話を投下。

その医学概論の先生は前は看護士をしてて、様々なウギャーっす現場を見てきたらしい。

その中で一番強烈なウギャーっすは新聞を印刷する仕事をしている患者のケガ。

その患者は、ある日いつものように印刷の仕事をしてたんだけど、新聞を印刷するローラーのプレス機がつまりを起こした。

で、患者はアホな事に手を使ってつまりを直そうとした。

直った。
地獄の幕開け。

続きを読む

↑このページのトップヘ