怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

なんか今日の朝にちょっと都市伝説?を生体験って経験をしたんで書き込みます。
まあ怖くもないし馬鹿らしいし、自分で自分が情けないと思うような話なんで馬鹿にしていただいて結構です。

昨日の夜、自分は夢を見たのですが、その夢の内容は途中まで非常にシュールなものでした。
内容は自分は小学校に通っています。(ちなみに現在自分は大学生で、夢の中でも今の姿でした)
検尿があるのにそれを忘れてしまって、教室で先生から検尿のセットを渡されました。
トイレの中で採尿しようとするのですが、尿の勢いが強過ぎて採尿用の紙コップの中からはじかれて溜まりません。

はねた小便のせいでズボンはびしょびしょで気持ちが悪いし・・・なんか夢とはいえ気分は最悪。
やっと紙コップの中に尿が溜まったんだけれど、尿を入れるスポイトを教室に忘れたことに気がつきました。

続きを読む

うちの兄は鬱病になって、大学を何とか卒業したはいいが現在家で1日中ぼーっとしている。
何を考えてるのか良く分からないし、動きも凄く遅くてはっきり言って気持ち悪い。
というか怖い・・・。

そんな兄と両親と暮らしている。
事件が起こったのはある深夜のこと。

いつも俺が夜のバイトを終えて帰ってきた時にはすでに両親と兄は寝っている。
その夜も例外ではなくみんな寝静まっていて、俺もそのまま床に就いた。
ちなみに兄と両親は同じ部屋で寝ていて、俺はその隣の部屋で寝ていて仕切りの障子は開け放してある。

続きを読む

私の兄は世間一般的に言われる「引きこもり」でした。
一日中ずっと自室にこもってパソコンに向かっていました。
パソコンに関しては非常に詳しく、私は色々と教えてもらいました。

3ヶ月くらい前に、私は兄の部屋でいつもの様にパソコンを教わっていました。
兄は必要最低限の事以外では部屋を出ないので用事がある時は私から兄の部屋に出向いていました。
その時、兄はこめかみをしきりに押さえていました。

「いやあ、最近ちょっと頭痛がするんだよ」

兄の部屋は窓を閉め切ってており、ろくに掃除もしていませんでした。
部屋の空気がなんとなくどんよりとしています。

続きを読む

俺は情報サービス系の会社に勤めている。
残業で、夜遅くまで会社のパソコンでデータを入力していた時のことだった。

その日は皆早めに上がってしまい、社員で残っていたのは俺とA子だけだった。
が、長い間デスクに向かっていて目が疲れたのでふと窓際の方を見ると、デスクのパソコンの1つが電源つけっ放しになっているのに気付いた。

「うぜーな、誰だよ」とか思いながら電源を消そうとそのデスクに近づき、ディスプレイを覗いてみた。

「何だ、これは?」

画面の中でマウスカーソルが一人でに動いていた。
勿論、マウスに触れている者は誰もいない。

続きを読む

自分、数年前まで警察の人間でした、大学を出てすぐ東京都T島区の警察署に配属。
自分はT大出のいわゆるキャリア組で(自慢に聞こえたらスマソ)、いわゆる期待の星。
そういう背景もあって、お偉いさんたちには自然可愛がられる傾向に。

で、ある日署長サンに飲みに誘われた。
自分はもう、着替えおわって帰り支度が済んでいたけど、署長はまだ制服姿でしかももうひとメール打つから待てと言う。
暇を持て余して席につき、ぼんやりと閑散とした室内を眺めていると、目の前にぽん、とバインダーが投げ出された。

「キミも、いずれ知ることになるだろうから。暇潰しに呼んでて。」

そういうと署長はまた席に戻り、カタカタとキーボードを叩く。

続きを読む

↑このページのトップヘ