怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

昔、友達(以下Aとする)のマンションで遊んでいた。
その遊びっていうのが1階の左側の階段を使って最上階(6階)まで行って、家のドアが並んでる通路を通って右側の階段から1階に戻ってくるという、ただ単にタイムを計るっていう馬鹿な遊びだった。

自分もあわせて5人でやってたんだけど、最後にタイム計るのがAで言っちゃなんだけど、Aは性格的には「一番大好き!一番になるためなら何でもしちゃう!」ってな感じの性格だった。
それでAがスタートしてから3、4秒したらもう「ドタドタッ!!」と走る音が聞こえた。(最上階まで行くには、平均で12、3秒は掛かる・・・)

俺ら皆は「どんだけショートカットすんだよ・・・」「バレバレだろ」とか言って階段上って不正を摘発しに
行ったらAの姿はなかった・・・。続きを読む

小学校のとき、なんか陰気な雰囲気漂う男の子がいた。
3年4年と同じメンバーだった。(クラス替えがなかった)
2年間同じクラスでずっと気持ち悪いと感じていたし、最初に会ったときから、嫌悪感としか表現できない感覚に襲われた。
席替えのときはいつも「あの子だけは隣にならないように」と祈ったが、4年生になったあるとき、隣の席になってしまった・・・。

その子は特に目立ったところはなく、成績も特に悪くもなく良くもなく、顔も体型もごく普通、目が細くて表情があまりない子だなという印象。
ただし、スポーツは得意だったようで、走るのも早かった。
性格は臆病で、男の子なのに喧嘩をしているのを見たことがない。
大人しいという印象・・・なのにわたしは吐き気がするくらいこの男の子が嫌でしょうがなかった。
思い出すのも嫌なくらい。続きを読む

今から数年前、霊的なそれじゃないけど高校3年の夏休み実体験したことでも書いてみる。

当時、俺は高3の6月頃に推薦入試で大学が決まり、夏休み前に野球部を引退し夏休みは何して遊ぼうか考えてた。
クラスのみんなとは基本仲良いけど野球部の奴としか連るんでなかった。
終業式の日、教室に入ると部活してないアルバイト馬鹿のAが、車の免許取って今日車で学校に来たとみんなに自慢してた。
車の免許は20歳にならないと取れないと思ってた俺はテラ興奮。
Aとは一度も遊んだことないし、一緒に帰った事もなかったけど乗せてくれとせがんだ。続きを読む

生後数ヶ月の赤ちゃんを1人で養う母親。
赤ちゃんが眠りについたので赤ちゃんを家において買い物に出かけた際に交通事故で亡くなってしまった。
身元不明のため連絡が取れず無縁仏とされてしまい、赤ちゃんは部屋に1人取り残されてしまったが、身寄りがいないため誰にも気づかれずそのままにされてしまった。続きを読む

↑このページのトップヘ