怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

2年くらい前の実体験。

当時オレは大学生で、夏休みの間はカラオケ店でバイトしていた。
大体週3~4くらいの割合で18時から24時まで働いていたと思う。

カラオケ店は家から近かったから自転車で通ってたが、その日は自転車がパンクしたもんだから、仕方なく歩いてバイトに行った。

ある日、バイトが終わって徒歩で帰宅中、住宅街を歩いてた時だ。続きを読む

とある不動産屋が東京に住む知人の不動産屋をからかおうと、「東京で一戸建てで1万円の物件探してくれよ」と電話をかけました。
それから1週間後にその不動産屋に1本の電話がかかってきました。

「おい、このあいだのなぁ、・・・あったんだよ。1万の物件。見に来いよ。」

不動産屋は冗談を冗談で返されたと思い、久しく会っていない知人に会いに行くつもりで、その話に乗ってみることにしました。
東京に着くやいなや知人は「さっそく見に行こう」と、不動産屋を例の物件へとつれて行きました。

「・・・まじで?」続きを読む

ちょっと思い出したので書いてみる。
自分が小学生低学年くらいの事で記憶もかなりあやふやだけど、駅かデパートだかのトイレに並んでた時の話。

そこは個室が二つしかなくて順番待ちの人が結構並んでた。
混んでる理由は片方の個室が完全にふさがってるからなんだと思う。続きを読む

時間的には昨日の夜起こった出来事をお話します。
昨日夜22:00ごろ仕事が終わり家への帰宅途中のことです。

自分は池袋に住んでて職場も池袋なので、徒歩通勤してます。
池袋駅の方から自分家に帰る途中に平和通って道があるんだけど、おれは毎日そこを通って帰るんだ。
ご存知の方もいるかもだが、あそこ名前は平和通りでも、実際は危険通りである。続きを読む

私は30代前半、中国地方のとある県に住む会社員です。
話は私が16歳の頃です。

高校を中退し仕事もせずに遊びまわっていた私は、Aという3つ年上の先輩とツルむようになりました。
Aは150cm程の小柄な男で、笑っちゃううくらいの鬼ゾリ&パンチパーマ。
私達後輩には横柄な態度を取り、同学年や先輩にはヘコヘコするような嫌われ者でした。

ある時期から私はAと一緒に地元の暴力団の事務所に出入りするようになり、テキ屋の手伝いや事務所の掃除などをするようになりました。
私はまだほんの子供で兄さん方からとても可愛がられていましたが、Aは一度話をすればわかるのですが、非常に頭が悪くハッタリやすぐバレるような嘘ばかりつくので、兄さん方からしょっちゅう苛められておりました。続きを読む

↑このページのトップヘ