怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

今から10数年前、当時低学年の小学生だった俺は近所の仲の佳い友達に誕生日会を開いて貰った。

昼飯を済ませてから集まる、というのがそういう集まりの慣例だったため、13時くらいからそれは始まり、俺達子供は外に野球をしに行った。

その日はギラギラと太陽が照って、酷く蒸し暑かったのを覚えている。
はしゃぎ回っていた俺達は、時間が経つのも忘れ、野球だけ無く、かくれんぼやだるまさんが転んだ等でも遊んでいたが、太陽が赤く傾いているのに気付いた。

そろそろご馳走の時間だというのを俺達は思い出し、親たちが待っている家へ急いだ。

続きを読む

「オレンジ色の月だから」

夜中に一人で近所の駄菓子屋さんにアイスを買いに行った。
夜7時に一人で人気のない住宅地の道をとぼとぼ歩くのは危険だって小学校で先生から言われたけど、何かあったら大声だせばいいよって親が言うもんだから50円握り締めて冒険した。

キーコキーコ向こうから町内会のおっちゃんが自転車できた。
すると、いきなり大声で怒られた。

おっちゃん:「子供がこんな時間にうろうろしたらいかんばい」
俺:「アイス喰いたか」

続きを読む

かなり昔のことだけど、飼ってた雑種が身籠ってて今日明日にも産まれそうだねって親と話してた。
元捨て犬で警戒心が強かったので、獣医さんに出産前後はあまり構わないように言われてたので、必要最低限のお世話をして、小屋にバスタオルや古着を敷き詰めて出産に備えた。

ある朝、産まれたかな?と思いながらエサを持って小屋に行くと犬がいない。
散歩の代わりに庭に放すことがあったので庭を探したけどいない。
もう一度小屋付近を探して気付いた。

続きを読む

↑このページのトップヘ