怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 日常に潜む怖い系

友達が借りた部屋の話なんだが、掃除してたらベッドの下から大量の指が出てきた。

誰が忍び込んでやってったのか知らないけど、40本ほどあった。

それも、生身ならまだしも手触りとか本物そっくりに作った、ゴムみたいな材質のやつで、丁寧にマニキュアとか塗ってあった。

続きを読む

関西ローカルだろうけど、深夜に「70年間切らす事なく継ぎ足しを続けていた秘伝のタレ」っていうのの中身を見る番組があった。
探偵ナイトスクープのパクりみたいなやつで。

新世界の串かつ屋が店閉めるとかで例の二度づけ出来ない。
秘伝のタレを公開するっていうやつだったけど、中から出てくる出てくる、小バエやゴキブリの死骸w
よくわからん虫の卵とかも入ってて、途中からモザイクが入ったw
何故か現場のスタッフも店のオヤジもスタジオの客も大爆笑www

続きを読む

2年間付き合ってた彼女にフラれて落ちるに落ちてた俺は、親友Kを付き合わせて現実逃避の山登りをした。

澄んだ空気とか綺麗な景色とかを見て、とにかく現実を忘れたかった。
突発的な思い付きだったので山登りに関しては全く無知で、ちょっとした飲食物と適当なものしか持って行かなかった。
山の途中まで車で行ってそこから歩いた。

上に行くほど気温が下がってきた。
大した服も着てなかった俺らは寒みー寒みー言いながら登った。

そんでしばらくすると雨が降り出した。

本当に無知だったので知らなかったんだが、山って雨が降りやすいらしい。(あとから常識だバカ!と親父に怒られた)

続きを読む

オカルトじゃないけど俺的に不可解な体験だったんで雑談代わりに。

忘年会があったんだ。
社長婦人とかわりと綺麗どころの集まる会なんだが、そこに身なりのいい36歳青年実業家が「俺の婚約者です」と連れて来たのが、どう見ても老婆。

体ガリガリで髪ほぼ真っ白、顔はシワだらけだし、しかも言っちゃ悪いがすっげーブスなんだよ。

あと声がおかしい。
何言ってんのか聞き取れない。
全然喋んないがたまにボソリ。

続きを読む

あたいのばあちゃん突然死んでしまった。

じいちゃんが家族の言うこと聞かず納骨しないで自分の部屋に安置していた。

三回忌にいいかげん納骨しようとして父ちゃんが骨壷を取り上げたんだけど、軽い・・・。

「どうしたんだ、散骨でもしたのか!!」と問い詰めたら、じいちゃんがぜんぶ食べちゃったんだって・・・。

じいちゃんは若い頃富山県で薬売りやってて、時代劇で見るごろごろ転がして薬草なんかを擂り潰すやつがあったんだけど、あれで粉々にしたんだって。
そして味の素の穴の開いた容器に入れて、味噌汁なんかに振りかけていたみたい。

続きを読む

↑このページのトップヘ