怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

小学校に入ったばかりの頃、同じクラスにいじめられっ子がいた。
貧しい家の子で、いつも悪臭を漂わせ、性格も暗くおよそ子供らしくない男の子だった。

ある日、公民館の庭で藁の束で遊んでいたときにふと思い立ち、藁人形を作ってみた。
オカルト好きな少年だった僕は、予想外の出来映えに作るだけでは満足できなくなり、翌日、件のいじめられっ子の髪の毛を手に入れ、人形に埋め込んだ。

さて、あとはどこかに打ち付けるばかり。
思い巡らすと、少し遠出することになるがぴったりの場所がある。
地元に言い伝えられる犬鳴き岩の周りは暗い林になっていて、牛の刻参りには打って付けだ。
もっとも、夜中に行くわけにはいかないので、土曜日の半ドンのあと半日かけて行くことにした。

続きを読む

うちの母方の実家が檀家になってるお寺の話。

このお寺はそれほど大きくもないし有名でもないんだけど、母が住んでた村の住民は三分の二以上がそのお寺の檀家になっていた。
残りの三分の一は被差別集落の人たちで、その人たちのための別の寺があったようだ。
ただ太平洋戦争後は過疎化が進んで、集落の人はほとんどちりじりにどこかに行ってしまい、
そっちのお寺はもうなくなっているらしい。

続きを読む

母親と妹と三人で引越しした。
引越し先は古いアパート。
下見のときはまだ部屋を改装中で、入口入って右の4畳くらいの部屋のドアに、糊で何か紙をぺたぺたと貼った跡があった。

建てつけも悪く、ドアも引っ掛かりがあって閉めるときはそこそこ力がいるくらい。
中は結構かび臭かったかな。
そこが自分の部屋になった。

続きを読む

前月に「学校を辞めたゼミの先輩が残していった荷物がある」、という話は久保から聞いた。
ほとんど使われていない埃っぽい実験準備室の隅っこに置かれた更衣ロッカーの中。
汚れたつなぎや新品同様の工具などと一緒に、ビデオテープの入った段ボールがあった。
ラベルから、大半は実習のビデオやテレビの録画だということが分かる。
ただ、中に何本かラベルの貼ってないテープがあった。

当時ビデオテープは貴重品だったので、「当たり障りのないヤツは貰ってしまおう・・・」そう考えて、久保と2人でラベルのないテープをチェックする事にした。

夜の10時頃、他のメンバーは帰宅しており、研究室には私と久保の二人だけだった。
デッキにテープの最初の一本を挿入する。
「呪いのビデオだったりしてな」などと笑いながら再生ボタンを押した。

続きを読む

自動車教習所の事務をしています。
倉庫の整理をしているとき、奥のほうに証明写真用のカメラがあることに気付きました。

壊れているのか?とも思いましたがなんとなく気になって先輩に聞いてみたのです。
すると「壊れてはいないが、あんまり触らないほうがよい」と言われました。
さらに食い下がって聞くと渋々答えてくれました。

続きを読む

↑このページのトップヘ