怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

俺の実際体験した話を書き込んでみたいんだが・・・。

文章稚拙だが脳内変換していって欲しい。

これは俺が中学2年の頃だったんだが、同級生に5人の中の良い友達がいた。
夏休み、部活もサボりたい時サボれたので、水泳部ではなかったが、プール等に毎日のように通っては遊んでた。
だが、毎日同じことをするというのも飽きてくる。

んで、Nという奴が山登りにいくことを提案。
このNという奴は霊感のある奴だと前から噂が流れてて、俺達はそのことについてからかったりしていたが、Nは霊の話になると、まず冗談を言わなかったので、今ではその話は暗黙の了解でタブーになってた。(場がシケるため)

続きを読む

3年くらい前の話。
俺は某コンビニでバイトしていたが、いわゆる超絶ブラックバイトだった。

秋に入ったんだけど、入れ替わるように立て続けに3人辞めたため、本来の規定以下の人員で働いていた。
それだけでも忙しいのに店長がパワハラ当たり前のような人で、バックヤードで怒鳴りつける、胸ぐらをつかむなど平気でやる男だった。

続きを読む

戦前、日本のどこかの鉱山で採鉱婦として働いてたおばあちゃんから聞いた話。

その日、その人は寝坊してしまい、起きた時には既に始業時間だったそうだ。
慌てて飯場に行ってご飯に味噌汁ぶっかけたヤツをかきこんで現場に行ったんだが、その日に行われた大発破が大失敗して、予定になかった岩盤が大崩落を起こし、大惨事になった。

飯場が臨時の負傷者収容所となり、その人は仕事そっちのけで負傷者の看病に当たっていた。
そこへ突然、腕を包帯でぐるぐる巻きにした採鉱夫の親方が入ってきて、「この中に今朝、汁掛け飯食った奴がいるだろう!」と怒鳴り始めた。

続きを読む

昔の話だから、若干の記憶違いがあるかもしれないし文才もないけど聞いてくれ。

小学校の低学年の頃、俺と兄弟と近所の数人で遊ぶことが多く、その日は家の近くの川で遊んでいた。
川と言っても水の深さが10センチくらいのコンクリでできた、用水路っていうのか?とにかくそこで遊んでいたんだ。

その用水路を進んで行くと小さな小屋がある。
その小屋の近くは何度も通ったことはあったけど、中には陶器?でできた人形が20体くらい並べられていて、怖くて入れなかった。

続きを読む

学生の頃の話。
友達と4人で深夜ドライブしていた。
田舎の細い道で周りは民家だったのでカーステの音量を下げて通り過ぎようとしたら、運転してたAが急に車を止めた。

私は助手席にいたのに気付かなかったのだが、「猫を轢いたかもしれない」と言う。
Aが確認しに行った所やはり死んでいた。
すると後部座席のBが「猫は祟るから成仏させる為には木に吊さないといけない」と言い出した。

「かわいそうだからやめて、埋めてあげた方がいい」と言っても聞かず、結局運転手のAと言い出しっぺのBが実行することになり、懐中電灯とビニール袋を持って行った。

続きを読む

↑このページのトップヘ