怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

小学生の時の話。

一年の時も担任から嫌われていた。
学年が上がったその年は、担任を含めたクラスメイトから嫌われいじめられていた。
正直、幼稚園児の時と余り変わらない状況なので、いじめられてるという自覚はなかった。

ある日、移動教室に忘れ物をしていたことに気付いて、帰りの会が終わった後に教室を出た。
移動教室は施錠されていた為に、諦めて帰ろうと荷物のある教室に戻った。

いつも意地悪をしてくるクラスでも派手な子達の楽しげな声が、廊下にいた私にも聞こえてきた。

「動いた!」
「○君の好きな人は誰ですか?」
「○君好きなの?」

続きを読む

私の膝下には島みたいな痣がある。
意地の悪い子から「再生ボタンみたいwww汚い」と言われてから、再生ボタンみたいな痣ということにしている。

学年の時、体育等で膝下が見える時があった。
大豆くらいのサイズで目立たないと言えば目立たない。
だが、格好の口実になってしまったらし、く「私に関わると同じ痣が出来る。痣が移る」と言われ始めた。

続きを読む

俺が中学生のときに体験した話。
あれは確か中2の夏だったと思う。

部活も入ってなかった俺は、いわゆる帰宅部ってやつだったんだが、その日いつものようにすぐ帰ろうとゲタ箱のフタを開けると、中にあれ?と思うものが入ってたんだ。
それは親指サイズのカエルを模したキーホルダーで、女子が筆箱あたりにつけてそうな可愛い感じのやつだった。

当然それは俺のものではない。
誰かがこれを身につけていたという覚えもなく、なんでこれが自分のゲタ箱の中に入ってたのか、いろんな事が謎だった。

続きを読む

知人の娘さんが友人から聞いたと言う話。

A美さんは地方の公立高校に通う普通の高校生だったらしい。
二年生に進級した春、新しくクラスメートとなったY子からイジメを受けるようになった。

それまでA美さんはY子と話をした事もなく、イジメの原因にも当初心当たりはなかったそうだ。
しかし、Y子がクラスの中心的存在であったため、ゴールデンウィークを過ぎた頃にはA美さんに話しかける女子はクラスにいなくなっていまう。

続きを読む

俺の近所のアパートに「吉永さん」っていう精神障碍者がいるんだよね。
かなり酷いみたいで、いつも車イスにのってて、涎は垂れ流し、家族もあんまり面倒見てないみたいで、正直同情しちゃってた。

それで、ある友人が「◯◯アパートにいる吉永ちょっといじってこようぜ!!!」ってことになった。
ちなみに吉永さんを「さん」つけして呼ぶのは俺くらいい。

俺:「え、でもやめとく、、、」

友人:「いいから行くぞ!!!」

そういわれて俺は渋々と行ってしまった。

続きを読む

↑このページのトップヘ