怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

今の彼女と付き合い始めたばかりの頃の話。
とある駅前で彼女と待ち合わせをしていたのだが、その日は時間より早く着いてしまった。
近くに喫煙所があったのでそこで煙草を吸っていると、すぐ近くで黒人男性が露店の準備をし始めた。

並べているのは、カラフルなビーズで作られたネックレスやブレスレット。
どれも鮮やかな原色が多用されており、大ぶりなビーズが多く使われた派手なものばかりだ。
退屈なので横目で品物を見ていると、その黒人が視線に気付いて声をかけてきた。

黒人:「オニイサン、見テッテヨ。コレ、アフリカ本物ネ。ケニア、コンゴ、スーダン、イロンナ国ノヨ。安イ安イヨ」

いや俺そんなの付けないし、と断ろうとした時、運悪く彼女が来てしまった。

彼女:「お待たせー、あ、カワイイ!」

続きを読む

結婚前に今の夫(以後=彼)とぶらぶら山梨方面へ遊びに行った。
遊園地も行ったし富士山も行ったしでくたくたになったけど、翌日朝からまた仕事があるから、一旦公園で仮眠してから帰ろうということになって、丁度近くにあった城址公園という所に車を入れて、駐車場っぽいところで休もうとした。

もう日も暮れて薄暗いからよく見えなかったんだけど、男の人が一人車の近くに居た。
別に公園だし人もいるだろう、覗きでなきゃいいやと思って放っておいた。
でもなんか違和感はあった。

続きを読む

なんとなく思い出したけど、子供の頃、よく遊びに行っていた小山に変な建造物があったんだよ。

3m四方ぐらいのスペースが、高さ1.7mほどの高さのブロック塀に囲まれてて、外側から見ると正方形のブロック塀から石がニョキっと出てるかんじ。
そして出入り口がどこにもないんだよね。

中がどうなっているのか、どうしても見たくてタイヤとか色々積み上げて中を覗き込んだら、中はお墓だった。

続きを読む

私の住んでいた島で私が小さい頃、神の子だと崇められていたお兄さんが居た。

近所に住んでいたお兄さんで特に神々しいとか、特別な存在だなと感じるようなものは無かった。
お兄さんは当時中学生だったと思います。私達は小学1年生でよく遊んでもらいました。
道行く人がお兄さんを見かけると拝んでから過ぎ去っていく様子は、今でも鮮明に覚えています。

お兄さんに遊んでもらっている最中に、私達の同級生の一人が素朴な疑問をお兄さんに投げかけました。

同級生:「どうして○○(お兄さんの名前)にいちゃんは拝まれたりするの?」

続きを読む

↑このページのトップヘ