怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

最近仕事で小学校に行く用事があって、通ってた頃の話を思い出したんで書いてみる。
もう20年位前になるけど、俺の隣のクラスで強烈な苛めがあった。
理由はイマイチわからんけど、男女問わず、ほぼクラス全員が苛めに参加してて、担任までが見ないふり。
で、結局その子、夏休み明け早々に自宅で首釣って自殺しちゃったんだけど、それから色々と変なことが起こった。

続きを読む

この夏初めて教えてもらった、実家(超田舎)のほんのり怖い話。
文章を書くのがヘッタクソなので簡素に・・・。

実家の跡継ぎ長男は、名前の名づけに変な決まりがあったらしい。
名前に漢数字が入っていて、それを一代ごとになぜか減らしている。
一応仮名で説明すると、ひいひいじいちゃん『喜八』、ひいじいちゃん『七平』、じいちゃん『半六』、お父さん『大伍』・・・といった感じで、私の代は『四』のはずだったんだけど、息子じゃなくて娘だったから、もう名づけにしばりはいらなくなったそうです。

続きを読む

小学校女子だった頃の体験談。

まあよくある話で、学校でコックリさんもどきが流行り、もともとオカルト好きな私はよく友達と遊んでいたわけです。
ウチで仲良しの子と遊んでいると、途中で彼女は具合が悪いと言い出して、そのまま解散へ。
その子は感受性が強い子というか繊細な子だったから、その時は半分心配・半分またかーぐらいの気持ちでした。

彼女が帰宅した日は何もなかったんですが、その翌日から私の部屋で物音がするようになりました。
夜、子供部屋の本棚の裏側から軋むような音が・・・。

続きを読む

解体に行った知人の話。

現地に着くと、古い家があった。
暫く人が住んでいなかったろうその家を解体し始めたが、どうも機械の調子がおかしい。
修理業者を呼ぶ間、作業員の一人が家の裏で古い井戸を発見。
古いのに、コンクリートで地面は固められ、分厚い鉄蓋がされていて、紙が貼ってあった。
鉄蓋も人力では動かせない分厚さ。
いかにもな井戸に興味津々で、近づいた数人が紙はお札にしちゃ変だと、引っぺがしたらしい。
その日は仕事にならず解散。

続きを読む

昨日から続いてる現在進行形の話でゴメン。

昨日、外出先で迷子になった。
迷子って言っても、地元だし大体の道はわかるので適当に歩いてたんだけど、急に土砂降りになって慌てた。
そしたら墓場の中に小さなお堂?みたいなのがあって雨宿り出来そうだからと近づいた。

荒れてるけど、戸は閉まっていて人が三人くらいは入れそうな感じ。
近づいて後ちょっとってとこで、お堂へは道が続いて無くて、謝りつつ墓の壁の縁を踏みながら到着、雨宿り出来た。

続きを読む

↑このページのトップヘ