怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

家の庭に母親曰く『神様』が宿る庭木があります。

元々とある神職の方の家に植えられてまして、その庭木の一部を頂き庭に植え根付かせものなんです。

俺自身は零感なんでただの木に見えるし、この木を粗末に扱い不幸に見舞われた方も原因が別に存在してるので気のせいと思ってます。(思いたい)

まずこの庭木の枝が裏の家の畑に差し掛かったんですよ。
なので、その家のお婆さんが敷地に入った部分をばっさり切り落とし、無造作に捨てたんです。
その後、その家の旦那さん(お婆さんの息子)が自殺を図り、何年か後、お婆さん自身も自殺を図りました。
自殺の原因はどちらも嫁姑関係らしいです。

続きを読む

何年か前に父(他界)に聞いた話。

父が子供の頃、近所に漁師のおっちゃんがいて偏屈だったけど父は可愛がられていた。

その地方(山口県のある所)では、雨の降る日には絶対に船を出してはいけ
ないといい伝えがあったらしい。
どの程度の天気とかなぜとかは不明・・・。

ある日、そのヤバイ雨の日にその偏屈な漁師が船を出すとか言い張ってみんなが反対するのを振り切って船を出したらしい。

続きを読む

最近話題の洗脳に少し絡んだ話。

離婚したうちの父親は、昔、妖しい坊主と組んでカルトをやってた。
うちの姉は子供の頃から勘が鋭く、それに狙いを付けた坊主と父親が教祖に祭り上げようと画策していた。

幼女がズバズバ言い当てる真実に信者はほとんど洗脳状態。
金庫には札束がぎっしり、坊主と父親、仲間たちは毎晩豪遊。

姉は勘が鋭い割にはボーッとしている子で、自分が利用されている事も気づいていないくらい。
言う事を聞かなきゃ殴られるし。

続きを読む

子供が嫁の書斎に入るのを嫌がる。

どうしたことか聞いてみると、「ママの部屋には怖いお姉さんがいる、顔と肩が赤くて、僕のほうをじっと見てて叩こうとする」と言う。

一方俺の部屋には興味深々で喜んで入ってくる。
どういうわけか最近飼ったばかりの飼い犬もまた、嫁の書斎には入りたがらない。

嫁の後を嬉しそうにテテテ、とついていくのだが、書斎の前に来ると、尻尾をたたんで伏せたり、走って逃げていってしまう。
今のところ、このことに嫁はまだ気づいていないようだ。

続きを読む

ちょっと長いですが、去年の話です。

大昔から白い蛇が住み着く実家の影響で、幼少期に蛇が憑いた。
ばぁちゃんの「20歳を迎えたら自然と離れる」と言う言葉を信じて、嫌な思いをしたり助けられたりしながら上手く付き合って来た。

しかし、23歳になっても離れる気配がなく、ばぁちゃんに祓って貰おうと思った矢先に、事故で左足首骨折。
忙しいばぁちゃんの都合と私の都合が合うのが、退院してから1ヶ月後先。

しかし、退院してから2週間でマンションの階段から落ちて肋骨にヒビが入った。
この時、誰かに後ろから押された感覚があった。

続きを読む

↑このページのトップヘ