怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

今年に入り早々の正月祝の席で祖父、祖母から聞いた話。

現在祖父は87歳、祖母が82歳になるが、二人とも足腰もしっかりしており畑仕事もこなせるほどに健康的。
オカルトの類はあまり好きではないらしく素面では全く話してはくれないのだが、酒の席になると昔体験した不思議な出来事を話てくれたりする。

今回はキツネに関連するオカルト話を聞かせてくれた。

続きを読む

塾講師M先生から聞いた話。

M先生が中学生の時、猫が毎日のように轢かれていた。
それを見た校長先生が思いつきで猫の遺体の回収・埋葬のボランティアを決意。
その場にいたM少年、他数名の生徒にも手伝うよう要請(巻き添え)

毎朝遺体を袋に入れて回収して校長先生に渡していたそうな。
そして一応校長先生に塩降られてからそのまま授業へ。(M先生は「今思うと毎日全身塩だらけで授業受けてたwwwww」と草生やしてた。)

続きを読む

同僚の話。

夜、自宅で寝ていると、ざわざわという音で目が覚めた。
微かだが、耳を澄ませば確かに聞こえる。
多勢が楽しく語らっているようで、陽気な御囃子も聞こえていた。
近所のどこかで宴会でもしているのかなと、寝惚け眼で思ったという。
寝直そうと枕に顔をうずめた時、嫌なことに気がついた。

微かな騒ぎ声は、間違いなく彼の寝床の下から響いていた。

続きを読む

自分の体験した話。

やっと自転車の補助輪が外れたぐらいの歳に近所の2つ上のAに誘われて近所の山に遊びに行った時の話。

その山はフリークライミングの練習場になっているような山で、今で考えると結構危ない所だったんだけど、当時の少年ジャンプのド根性路線に影響されて、崖の落石防止のためにかけられていたフェンスを直進行軍ばりに登ったり、蔦をターちゃんばりにぶら下がって移動してみたりと、日常的に危険な遊びをしていたので自分らにとっては普通のことだった。(流石にムササビは真似出来ないよね。と言い合えるぐらいの常識はあった)

続きを読む

↑このページのトップヘ