怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 動物・怨念・呪い系

人にとり憑く犬の霊。
非常に強力な力をもつとされる。
この犬神を操るものを「犬神使い」という。

犬神は、しばしば人工的に作られると言われ、その作法がいくつか伝わっている。

代表的なものは、大層かわいがって育てた犬を首が出るように生きた犬を地面に埋め、ちょうど届かない犬の目の前に犬の好物を置き食べ物を前にして飢えさせる。
肉類など臭いがあるものがよいとされる。

そして飢餓状態が最大になった頃愛を見計らって背後から犬の首を斬り落とす。
犬の首は飛んで食いものに喰らいつこうとするが、そこをとり押さえ、白布に包み四辻に埋める。
大勢の人の踏ませ、掘り出したのち呪物として祀り犬神を完成させる。

続きを読む

怖いというのとは違うかもしんないけど、変な話があるんで書いてみる。

去年の大学の夏休みの話。
男4人で某廃ホテルに探索に行った。
俺らは廃墟探索と称してけっこういろいろと回ってるんだ。

俺らの住んでるとこからはけっこう離れてるんで、リーダー格のやつが借りたミニバンで行って車中泊して帰ってくる予定だった。
全員懐中電灯を持ってたし、ガラスとか踏んでもいいようにクツもがっちりしたのをはいてきた。
スプレー缶持ってきたバカもいたが・・・。

続きを読む

俺が高校生の夏休みにした解体屋のバイトの話だ。

場所は長野県木曽郡。
ある大きな一軒家の取壊しの作業だった。

その家は何か不幸が続いたらしく、住人は全員亡くなったとの事だった。
家の解体の依頼主はそこの分家の次男。
いわゆる相続人だ。

解体作業中、社員が何かを見つけた。
それは麻紐で縛られた四つ耳が有る壺だった。
それは仏間に繋がる縁側の床下、いわゆる縁の下で見つかった。

続きを読む

呪いと言うかむしろ生き霊怖いと言う話。

女性間のトラブルにて片方が呪いをしかける。
南京虫の呪いというのでケースにいれた相手の写真。
そこに大量の南京虫を入れ込んで呪言をつぶやき続けて数日後、相手の女性は会うたびになんか体をかきむしっている。

聞くとなぜかわからないが全身が痒いのだと言う。
さらに数日が経過すると赤いポツポツが露出してる肌の部分から見えるまでに・・・。
もちろん彼女の家に南京虫はいないし、湿疹ができるような環境でもない。
皮膚科に行っても原因不明非常に痒いとボリボリしている。

続きを読む

俺の友達が仕事で東南アジアにいたんだが、その時同僚から「あの女は精霊付きだから手をだすな」といわれたのに、うっかり手を出してしまった。

その日の夜、彼女の部屋で寝ていたら体を触られる気配がして、なんだ彼女がソノ気なのか~と呑気に目をあけたら、首の無い女や腕の無い女、腹が開いて内蔵が見えているような女が友人の周りにいて、体を触りまくり無理矢理口をこじあけて、一人ずつ口の中にはいって消えていった。

朝起きたら凄い汗で、悪い夢でもみたのかと思ってたら、彼女に「貴方は呪われたから」と宣言されて、二度と来るなと追い出された。

同僚に相談すると、「魔術師(?悪魔祓い?)にいかないと呪われた子を産むことになる」といわれたが、その後特に不幸な目にも遇わなかったので、そのまま帰国。
日本にいた彼女と結婚をした。

続きを読む

↑このページのトップヘ