怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

俺が持ってる録画機能付きTVって番組のコピーできないんだよな。

職場の同僚から「昨日○○○の定理って見た?」と聞かれた。

最近人気急上昇してるあのバラエティ番組だ。
俺は「見たよ。」と答えた。

すると彼女は「あーそっかー、じゃあ撮ってないよねー」と残念そうに答えた。
その番組に出ている芸人のファンらしい。

話を聞くと昨日疲れのあまり帰宅してすぐ寝てしまい、見忘れたそうだ。

俺:「家の録画機能付きTVで勝手に撮ってるかもしれない」

続きを読む

病院で働いてんだけど、医者とダベッてる時に聞いた話。

放射能の話題から、何が一番身体に悪い食品かって話になったら医者が一言、「酒だね」って。

今さら酒~?って思ってたら説明してくれた。

アルコールにはさほど毒性は無いんだけど、体内に入ってアセドアルデヒドに分解されるとヤバいって。
ダイオキシンとかサリドマイドの百倍近く奇形児とかガンができる確率が上がるってさ。

続きを読む

教育実習に来た先生から聞いた洒落になってない話。
先生がまだ高校生の頃に体験した話だそうです。

先生は友達4人と、バイクで先生の住む県にある、マイナーな心霊スポットに肝試しにいったそうです。

その心霊スポットは、県境の山間にあるといわれている廃屋で、その廃屋には無数の霊魂が集まっている、
そういう性質をもった場所なんだ、と噂されていたようです。

ただ、誰もその廃屋の正しい場所を知らない、というのが、その心霊スポットにまつわる怪談の落ちにも使われていたようです。

続きを読む

友人Aが新入社員だった頃の話。
研修も終わり部署に配属され、慣れない上に目が回るほど忙しい生活が始まった夏頃。

毎日のように帰宅は深夜になってしまい、実家通勤とはいえ会社から帰る頃には家族は誰も起きているわけもなく玄関は真っ暗。
身も心も疲れきったAは、静まり返った暗い家に帰るのがだんだんと嫌になっていったそうだ。

続きを読む

友人Aが新入社員だった頃の話。
研修も終わり部署に配属され、慣れない上に目が回るほど忙しい生活が始まった夏頃。

毎日のように帰宅は深夜になってしまい、実家通勤とはいえ会社から帰る頃には家族は誰も起きているわけもなく玄関は真っ暗。
身も心も疲れきったAは、静まり返った暗い家に帰るのがだんだんと嫌になっていったそうだ。

その日も帰りが深夜になり、「家に帰りたくないなぁ・・・」と思いつつ、車で目的もなしに遠回りしながら家に帰っていると、どこを間違ったのか、気付くと実家から少し離れた山の入り口を登り始めていた。

続きを読む

↑このページのトップヘ