怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

廃墟探険のときに、携帯電話で写真を撮ろうとしてディスプレイ覘きながら歩いてたんだ。

私が先頭だったから前方には誰もいない。
完全な不意打ちで、いきなり9歳ぐらいの女の子とディスプレイで目が合った。

思い切りビビリ上がって、パッと顔を上げるけど誰もいない。
ディスプレイに視線を落としたら、まだ女の子いる!!!!!!!!!!!!!!!!!!

続きを読む

昔つきあってた彼女が普通に霊が視える人で色々な目にあった。

夏に海水浴に行こうってなって天気のいい日に車で高速を走っていたら「あ、やばい後ろに乗ってきた。」とかぬかす。

俺は全然視えないがこんな事は彼女といると日常茶飯事だったので「あぁそう。いい霊?悪い霊?」と適当に聞いたが、彼女が難しい顔をしている。

聞くとどっちかまではまだわからないけど、なんかぶつぶつ言っててそれが聞き取れないとの事。
まぁ害もなさそうだし、そのうちどっかいくでしょうと軽く考えながら走っていたらトンネルに入った。

続きを読む

中東のある国を訪れた大学生が体験した話。

中東の歴史を専攻する大学生がとある国の山間部に調査で訪れたときのこと。
現地の人々と交流を持ち、村の長の家に招かれ今夜はそこで泊まることに。
そして夕食をご馳走になり、様々なスパイスで味付けしてあって、たっぷりのバターで炒めてあるチャーハンのような料理を出された。

続きを読む

京都府内に住む友人から聴いた話です。

友人の友人である不良のA君は、興味本位で不良仲間の友人5人とカツアゲまがいの事をしようとしたそうです。
場所は槇○。
ターゲットは真夜中にコンビニにやって来たオタク二人組。
背が高く、帽子をかぶりメガネをかけシャツをinしたいかにもオタクな二人組だったそうです。

続きを読む

自分の好きなアイドルにファンレターやプレゼントを送るというのは昔からよくあるファンの行為である。

最近ではブログへのコメントやツイッターで会話をしたり、握手会などもあるが、想いを込めたプレゼントを送るというのは減らないらしい。

アイドルに送るプレゼントの中には手作りの菓子に自分の髪の毛、唾液、精液などを入れて送るファンもいるため、手作りのものは食べないというのがアイドルの常識となっている。

続きを読む

↑このページのトップヘ