怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

ガキの頃、親の実家に帰省したときの話。

都会育ちの俺(小1)を楽しませようと小6の従兄弟と叔父さんがカブトムシ捕りに連れてってくれる事になったんだ。

叔父さんは仕事があったから俺と従兄弟は1度寝て、仕事から帰ってきた叔父と夜中に山へ出発した。

山のふもとには湧き水を汲む場所と車数台が停められる駐車場があり、そこに車を停めて3人で山の中へ。

続きを読む

幽霊が出ると評判の廃病院があって、そこに肝試しに行くという定番の話なんだけど、何を思ったかそいつは夜中の2時にふと目が覚めたという理由で一人で行っちゃった。

その時点で何か行動がおかしいんだけど、とりあえず病院を探検して別に幽霊なんていないなあと満足して帰ろうとしたらしい。
そしたら最後になんか変な部屋(雰囲気が変なのか、部屋自体が変なのか不明)があったらしく、そこに足を踏み入れようとした。

続きを読む

この話は私がこの怪異を体験した知り合いの警察官からじかに聞いたものである。
彼は震えながら私にその一部始終を打ち明けてくれた。彼はその間中、ずっと小刻みに震えていた。

警察官はその任務上からか、怪異の体験率は一般人よりずっと多いと言う。
しかし、彼の遭遇した悪夢はすべての警察官のそれを上回るであろう。(前置きが長くなった。始めよう)

彼は交番に勤務しており、(所謂外勤というもの)その日は夜勤のため、夜中中ずっと交番に詰めていた。

午前の二時が過ぎたので、いつも通り彼は懐中電灯をぶら下げて真っ暗な街をパトロールに出かけた。
人気の無い路地をしばらく歩いていると、電灯の下に人がうずくまっているのが見えた。

続きを読む

中学校3年生の頃にクラスの何人かが、「夏だからこっくりさんやろう!」みたいな軽い感じで企画を提案していて、部活ももう引退の時期だったから、自分を含む何人かが集まることが出来た。

その日の放課後に教室でわいわいやりはじめると、やっぱり誰か指に力を入れていて、「お前力いれたろー」位の感じで窘めようとしたら、加わっていた女子の一人がやけに怒り始めて少し引いた。

続きを読む

↑このページのトップヘ