怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

持つだけで持ち主を呪い殺す装飾品。
座るものを死にいざなう椅子。
移動しようとすると不可解な事故が起こるもの。
切ろうとすると事故が起こる木。

今回取り上げる石も、そんな呪いのアイテム。

アメリカのジョージア州・オーガスタ市は、19世紀以前「奴隷市場」があった街である。
黒人奴隷が、白人によって売買されてきた場所である。続きを読む

ファティマに現れた聖母が残した3つのメッセージ(予言)の最後の1つ。

啓示の第三部について聖母が発表を命じた1960年になっても教皇庁は公表しなかったために、メッセージの中身について、憶測を呼び、様々な噂が乱れ飛んだ。

1981年5月2日には、アイルランド航空164便がハイジャックされたが、犯人はカトリック修道士で、要求は「ファティマ第三の秘密を公開せよ」であった。続きを読む

ある姉妹が山のペンションに泊まることになった。

ペンションに行く途中、警察の人間に呼び止められ「このあたりは通り魔というか、変質者が出没するから注意して欲しい」との注意を受けた。

姉妹がペンションにつくと、二人ともベッドに腰を下ろして一休みをした。
道中のことや、今日の夕食について話していると鏡を見ていた姉が急に、「ねえねえ、部屋の外の窓って閉まってたっけ?」と妹に話した。
続きを読む

女子大生ののA子がある日、先輩のB子の家に遊びに行った。
A子とB子はとっても仲がよく、その日も夜遅くまで先輩のB子の家で他愛もない話をしていた。
時間を見ると終電ギリギリの時間なので、B子の家から自分のアパートへA子は帰ることにした。
しかし途中でA子は自分のアパートの鍵をB子の家に忘れているのを思い出し、B子の家に引き返した。続きを読む

現在の技術では数日単位での予知は不可能とされている。

擬似科学的に予知の根拠とされているのは宏観異常現象(こうかんいじょうげんしょう)といい、大きな地震の前触れとして発生ないし知覚されうると言われている、生物的、地質的、物理的異常現象とされるものなどを、ひとまとめにして呼称するものである。続きを読む

↑このページのトップヘ