怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

自分の名前で検索をかけてみた。
すると十数件、同姓同名の人たちが検索に引っかかった。
研究者や会社の経営者、同じ名前でありながら全然別の生活をしている人たち。
その中に「◯◯◯◯◯(自分の名前)のページ」というHPがあった。

それはプロフィール、BBSだけの初心者が作った感じのよくある個人のHPだった。
プロフィールを見ると、自分と同じ歳であり、趣味なども良く似ている。
BBSなどを見ると、常連っぽい人が5~6人いるらしく、この手のHPとしてはまあまあ流行ってる感じだった。
何となくお気に入りにして、時々見るようにした。続きを読む

みなさんは「ウォーリーをさがせ!」という本をご存じだろうか?

大勢の群衆が描かれているページの中から、赤と白の横じま模様のシャツに眼鏡をかけた「ウォーリー」を見つけ出して楽しむ、1990年頃に世界中で大ブームを巻き起こした絵本のことである。

しかし、この「ウォーリーをさがせ!」にはある恐ろしい秘密が隠されているという。

今から30年ほど前のイギリスで、8才の男の子が行方不明となり、その後、無残な遺体として発見されるという痛ましい事件が起こった。
その後、警察の必死の捜査により、一人の男が犯人として逮捕された。

男の名前は「ジム・ジャック」。続きを読む

1985年、イギリス・ヨークシャーの民家で建物が全焼する火災が発生した。
翌日、地元の消防士が火災原因を調査していたところ、焼け跡から「一枚の印刷画」を発見するが、奇妙なことに建物を全焼するほどの火災にも関わらず、何故かその絵だけは損傷を免れていたそうである。
それは寂しげな顔をした少年の絵画であったという。続きを読む

A子(32才)は東京でOLをしていた。
特に趣味も無く、仕事中心の毎日に嫌気を差しながらも、気がつけば周りの同期は既に結婚、彼女はいつの間にか「負け組」の仲間入りとなっていた。

そんなある日、会社のロビーである男性(K)を目にする。
瞬間、彼女はKを見て、直感的な「出会い」を確信したそうである。
しかし、Kは彼女に気をとめる事なく、ロビーをあとにしたのだった。

「運命の出会いなんて無いわよね・・・」

彼女は一つ溜め息を付き、エレベーターに乗りこんだ。
その瞬間である。
Kが現れたのだ。続きを読む

そのカセットテープは、ある日、突然郵便や宅配便で送られてくるという。
もちろん差出人は書いてないか、あからさまな偽名である。

テープ自体はどこででも手に入る安物だが、小さなカードが同封されている。
内容は大まかに以下のとおり。

「これは、天国からの放送を録音したテープです。空中にはたくさんの放送電波が飛び回っていて、その中には天国からの放送も混じっていますが、普通の状態では受信できません。私たちはその、天国からの放送を録音することに成功しました。繰り返し聞いてください。必ず天国からの声が聞こえてきます」
続きを読む

↑このページのトップヘ