怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

私が切腹を見たのはもう10年以上も前です。
場所は◯◯の山中にある廃業した温泉旅館でした。
恐ろしい程朽ち果てた旅館で、窓ガラスが割れて床に散らばっていました。
その旅館の大浴場で行われたのです。

見物するのは全員で7人でした。
浴場まで案内してくれたのは50歳ぐらいのガラの悪い中年女性で、髪は金髪にパーマでタバコをくわえていました。
驚いた事にその中年女性の腕にはちいさなイレズミが入っていました。続きを読む

某県警のとあるオービスには、頻繁に奇怪なものが写り込む事があるそうだ。
霧のような黒い影や、謎の光源、中にはぼんやりと人間らしき白い顔まで写るらしい。
その為に無用な噂の流布や職務に支障が出ないように、問題部分を目隠しシールで貼りその写真を違反者に見せる事にしている。続きを読む

数年前、友人が体験した話です。

その頃、友人のS木君には悩みがありました。

「ちょっとした、他の人が聞いたら呆れるような悩み」だと前置きして、話の最後までどんな悩みなのかは教えてくれませんでしたが。
でも当時のS木君にとっては深刻だったそうで、いつまでも胸に居座る不安のせいで食欲が減退したりと、酷い状態に陥ったそうです。続きを読む

ある年に、福井県の中学校であった話です。

四月四日。
まだ春休み中の学校では、部活が盛んな時です。
校庭では野球部、サッカー部、陸上部と、三つの運動部が上手くスペースを使いながら練習に励んでいました。

午後五時近くになり、サッカー部が最後のシュート練習に入っていた時のことです。

部員の雄一はパスを受けて、右足でしっかりとボールを捕らえて蹴りました。
ボールはキーパーの保夫の腕をかわし、そのまま見事にネットを揺らす・・・・・・はずでした。
しかし、信じられないことに、ボールはゴールに入る前に消えてしまったのです。続きを読む

これは、今から20年ほど前、東京都のある小学校で噂になったオバケの話です。

学校のトイレに出るとよく噂されるのは花子さんですが、その学校のトイレに現れるのは、ムネチカ君というオバケです(注・閲覧者の皆様の身近にいる「ムネチカ」さんとは一切関係ありません)。

ムネチカ君の噂が囁かれるようになった発端は、当時、体育委員に所属していた本郷君(仮名)という生徒の奇妙な体験からです。
本郷君はその日の放課後、人がいなくなった頃にトイレに行きました。
小用を済ませて帰ろうとすると、突然、「頼みます。頼みます」と、背後にある個室の中から声がしました。続きを読む

↑このページのトップヘ