怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

グランジという新たなロックシーンを作り上げた伝説のバンド、NIRVANAをご存知だろうか。
NIRVANAはアメリカのロックバンドで1990年代に「SMELLSLIKETEENSPIRIT」で一躍有名になるやいなや世界的なロックバンドとして活躍する。

しかし、人気絶頂のNIRVANAをある日悲劇が襲う。
フロントマンだったカートコバーンがショットガンで頭部を打ち抜き自殺してしまうのである。
カートコバーンの死でNIRVANAは解散する事となった。続きを読む

夜帰宅して音楽を聞こうとCDもしくはMDプレーヤー電源を入れて再生ボタンを押したとき、大音量で音楽が流れたことはないだろうか?
前回そのプレーヤーで音楽を聞いたときには普通の音量だったはずなのだが、なぜか音のボリュムがMAX近くなっている。
もしくはテレビの音量、チャンネルがなぜか家を空けて帰宅すると変わっている、ということがないだろうか。

ある若い女性がこういった現象に悩ませられることがあった。
仕事が終わり帰宅し、何気なくテレビを付けると凄い音量が流れたり、またCDプレーヤーの音量に関しても同様の現象が時々起こる。
自分で誤って音量部分に触れてそのようになったのだろうと気にも留めなかった。
テレビのチャンネルも前回見たときと変わっているのも無意識に自分で操作してしまっているものだと、それほど意識せず生活をしていた。続きを読む

深夜、A子さんは異様な物音を聞いて目を覚ました。
何かを引きずっているような音が窓の外から聞こえていた。
道に面している家なのだが、この時間ともなると人通りはない筈であった。

両親が旅行に出かけ1人だった彼女は、怖くなったがその音に耳を傾けた。
暫くすると音が停まった。
しかし次の瞬間、カーテンを引いてある窓が「ドンッ」と叩かれた。
A子さんの心臓は、胸から飛び出さんばかりに高鳴った。
ドン・・・ドン・・・力のない音が何度も聞こえる。

彼女は勇気を振り絞って窓の方へ近寄っていった。続きを読む

ある青年がいた。
彼は旅が好きだったが、いわゆる観光地ではなく、むしろ誰も行かないような辺境を好んで目的地に選んでいた。

そんな彼はアフリカのある都市に降りたった。

ある日、あてもなくぶらぶらと観光をしていると、「どこから来たの?」と、道端で現地の女の子が声をかけてきた。
英語だったことで何とかコミュニケーションもとれ、楽しいひと時を過ごすふたり。

そして、話がはずんだところで高校生だと言う彼女が言ってきた。

「あなた、気に入っちゃった。ウチに来ない?ところでさ、私、今お小遣いが少ないんだけど、ちょっとお金くれない?」続きを読む

漁獲量の規制、排他的経済水域・・・等で日本の漁業の現状は以前よりいっそう厳しくなって来ている。

特に水産資源の豊富な某国の排他的経済水域付近の海域では拿捕が後を絶たない。

そんな日本の漁業に光明をもたらすかも知れないプロジェクトがある。

温暖化の原因となっている大気中の二酸化炭素を吸収してくれる光合成の働きは重要だが、海の植物プランクトンが行なう光合成もそれに一役買うことが期待されている。
しかしながら海の大部分の地域では植物プランクトンが増えるのに重要な鉄分が慢性的に不足しているらしい。

「足りないならば鉄を撒けば良い」という発想で、海に鉄をばら撒く作戦が海で実際に行われているという。続きを読む

↑このページのトップヘ