怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

カテゴリ: 都市伝説系

夜の高速道路や峠道には様々な都市伝説が存在する。
特に、老婆が登場する噂話は様々なパターンがあり、思わず馬鹿らしくなるような話も少なくない。
今回ご紹介するドリブル婆も、そんな都市伝説の一つである。

言うまでもなくこの話は、100キロ婆の亜種であり、恐らく作り話なのだが、その奇抜な内容には注目していただきたい。

ある男性はバイクが趣味だった。
自慢の愛車に跨って疾走していると、辛いことも悲しいことも忘れることが出来る。

続きを読む

幾つかの近代軍事史の中には、到底実際に起きたものとは思えないような話も多く、これが昂じて都市伝説となってしまったものもある。

その中でも、イギリス海軍発祥とされる都市伝説をご紹介したい。

ヨーロッパでは、昔から、金曜日に船を出港させることは不幸を引き起こすとして忌諱され続けてきたという。

しかし、そんなものは何の根拠もないことで、当時のイギリス海軍は、この迷信をどうにか払拭したい一心であった。
兵士の中に、金曜日の海上任務を過剰に恐れる者が少なくなかったからだ。

続きを読む

私は会社の地方事業所に転勤することになり、住み慣れた故郷を離れ、自然の多く残る里山の近くに移り住むことになった。

会社や社寮のある地域は森が道路の真横に生い茂り、夜になるとタヌキ、キツネ、イタチ、シカと様々な野生動物と遭遇する。
偶にクマやイノシシなど危険な動物が山から降りてくることもあるらしいが、その地域では、それらの猛獣以上にシカに気をつけるように言われた。

なぜなら、道路に飛び出たシカを跳ねてしまうと、一発で車がお釈迦になるからだ。
特に雄のシカは体が大きく、ぶつかると車体がグシャグシャになってしまうとか。

続きを読む

聴いただけで自殺したくなる曲というものが存在する。
有名なのは『暗い日曜日』。

もうタイトルだけで沈んだ気持ちになってしまいそうである。

似たようなものに、聴いただけで死んでしまう物騒なものがある。
これは曲というよりも、特殊な旋律を組み合わせたものである。
水中で演奏すると、そのとき近くにいるイルカが悶え苦しんで死んでいくのだ。

第二次世界大戦の終結からほどなくして、これを用いた実験が行われることとなる。
恐らく兵器に転用するための実験だったのだろうが、これを一任していたのがアメリカの科学者だという。

続きを読む

まだ2chどころかウインドウズも無いくらい昔の話。

子供の頃から明晰夢を楽しんでた。
でも当然楽しい夢ばかりじゃなくて怖い夢も結構見てて・・・。

一番多いパターンは、学校や自分の住んでる町で怖いことがあって逃げ出す夢なんだけど、大抵「ハイハイまたですか」って感じで、それも楽しむ。
あんまりにも怖い夢だと自分で起きて終わらせる時もあるんだ。

続きを読む

↑このページのトップヘ