仕事が終わり、男はいつもの帰り道を歩いていた。
ふと視線を感じ、ある家の二階を見上げた。

すると初老のおじさんが窓際に立って手を振っていた。
それも満面の笑みで・・・何か気味が悪かったので無視して家に帰った。
仕事が終わり、またいつもの道を通る。

そしてまた例の家の二階を見上げるとおじさんが満面の笑みで手を振っている。
気味が悪かったのでまた無視した。続きを読む