学生の時住んでたアパートであった出来事。

もう10年以上前の話だが、どこを見ても学生ばかりの古い木造アパートに住んでいた。
合板のベニヤの壁には穴や傷などお構いなしに、ベタベタとポスターを貼りまくった。
長く貼られたポスターは湿気で膨らんだのか、上辺左側の角付近が壁からだいぶ浮き上がっていた。

天井付近にある換気用の格子(カーエアコンの吹き出し口様の形状)から来るわずかな風で、その浮き上がった部分が微かにサワサワと揺れたりしていた。

9月に入ったというのに盛夏以上のうだるような残暑で、それでも何かをやっていたわけでもなく、ただゴロゴロしていたに過ぎないのだが、苦しみつつも気楽な日が続いた。
(当時エアコンなど所有できる身分ではなかった)続きを読む