イギリスの民間伝承にある、極めて危険な霊的存在。
人殺しに纏わる血塗られた場所に出没し、出遭った人間を惨殺する。

長く薄気味悪い髪、燃えるような赤い眼、突き出た歯に、鋭い鉤爪を具えた、醜悪で背の低い老人の姿をしており、赤い帽子と鉄製の長靴を身に着けて、杖をたずさえている。
斧を得物とし、これで人間を襲う。
彼らの名の由来となっている帽子の赤は犠牲者の血で染められたものであり、それゆえに常に赤錆色を帯びているのだという。続きを読む