ある男子大学生が友人の部屋に泊まったときのこと。
友人の部屋はとても汚く、「こんなところに人が住めるのか?」と感じるほどに汚れていた。

しかし、終電も終わってしまったので、始発までちょこっと横になろうと思い、彼は汚い部屋を掻き分けて眠ることにした。続きを読む