怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:バス

先日『○△バスセンター行き』のバスに乗っていると、途中のバス停で、30歳位と思われる赤い服を着た綺麗な女性が乗車し、私の隣に座りました。

その女性が「あの・・・すみません・・・このバスは○△駅へ行きますよね?」と私に訊ねてこられたので、「終点が○△バスセンターですから、終点で降りられれば○△駅に行けますよ」と答えました。

「そうですか、教えて頂きありがとうございます」

「いえいえ」・・・で、ここからが不思議なんです。

続きを読む

うちの母さんと妹が二ヶ月前くらいに体験した話。

急用で実家に行ったその帰り、夜の七時くらいにE県とK県の県境を車で走ってた。

高速道路が苦手だから敢えて山道を選んだらしい。
で、車走らせてて、気がついたら前方にJRバスが走ってたそうな。
まあ別に普通のことだし、時間も時間だからガラス越しに見える後部座席とかもうガラ空きで、母さんは特に気にせず運転していたらしい。

けどそのとき助手席に座ってた妹が前方眺めてぽつりと。

「うわーめっちゃ混んでるね」って。続きを読む

もう音が聞こえてきました。
今からでは間に合いません。
まだ文章を打つだけの余裕はあります。

事の発端は先月の14日でした。
私の通っている高校の近くに自衛隊の駐屯地があります。続きを読む

ある男が夜遅くバスで家に戻ろうとした。
が、駅に着いたときはもはや深夜中なので彼もまだバスがくるかどうかが知らない。

けど家は遠いのでとてもじゃないが歩ける距離ではなかった。

彼は来ないかと諦めかけたとき突然バスが現れた、彼は嬉しくてそそくさに乗りました。
が、ふと違和感を感じてしまった。

こんな夜中に何故か混んでいた、座れる席は一つしかなかった。
それと人が大勢いるのに、誰も口を閉ざし、バス内は静まり返っていた。
不審だと思いつつ彼は唯一空いてた席に座り、隣に一人の女性がいた。
彼女は声を押さえ彼の耳元にこう囁いた「あなたこのバスに乗るべきではないよ。」続きを読む

↑このページのトップヘ