Mの家は温泉旅館を経営している。
そこは若い女性達に人気があり、週末はOLらしい集団客で賑わう。

Mは幼い頃から、禁じられた行為を続けてきた。

風呂場には客の安全管理のため、パイプの蔭や小便小僧の足元などの目立たない場所に、ボイラー室から浴室を覗ける穴がある。
Mはその穴から女性客の裸を見て、自分の性欲を慰めていた。
Mの欲望は歯止めがきかなくなり、父親がボイラーの点検をした後に忍び込み、毎日のように密かな犯罪行為を続けていた。続きを読む