バイト先で休憩中お菓子を食べてたら、大木さんという女性が「あんまり寝てなくて眠たいねん」と話しだしました。
夜中3時頃に突然一緒に寝ていた母親が起き出し、部屋の電気を付けたそうです。
まぶしくて文句を言うと、母親は布団の上に正座したまま、両肩を擦り、「ごめんなあ・・・あんまり怖い夢やったから・・・」と震える声で言いました。続きを読む