怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:呪い

これはKが残したノート。

ついに呪いや祟りの仕組みを解明した。

呪いや祟りの障りは集団心理が原因だ。
祟りを恐れる者は祟る対象に対し罪悪感を持っている。

たとえば四谷怪談を題材にした物語を劇などで演じるとき四谷のお岩稲荷にお参りに行くが、歴史的にお岩稲荷が障りの神様ということはないのは承知の事実。

しかし四谷怪談の演目を行うと関係者に不幸がおとづれることがままある。
祟るはずがないものが祟る、これはまさしく祟られる側の集団心理祟られるという気持ちが生まれており、その気持ちが数々の不注意や体調不良を引き起こすんだ。

続きを読む

木の杭。
俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業やってる時にふと気になったことがあって、それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。
その時に聞いた話が個人的に怖かったので投下。

農作業でビニールシートを固定したりすると時等に、木の杭を使用することがあるんだが、ウチで使ってる木の杭には、全てある一文字の漢字が彫りこんである。

今まで、特に気にしていなかったんだが、近所の農家で使ってる杭を見てみたところそんな文字は書いてない。
ウチの杭と余所の杭を見分けるための目印かとも思ったのだが、彫ってある漢字は、ウチの苗字と何の関係も無い字だったので不思議に思い、ウチの爺さんにその理由を聞いてみた。

爺さんの父親(俺の曾爺さんにあたる)から聞いた話で、自分が直接体験したことではないから、真偽の程はわからんがとの前置きをした後、爺さんはその理由を話してくれた。

続きを読む

この間ちょうど小学校の同窓会があったんで、そのときに当然のごとく話題に上がった、俺たちの中では有名な事件をひとつ。

俺が通っていた小学校はちょっと変わっていて、3階建ての校舎のうち、最上階の3階が1・2年の教室、2階が3・4年の教室で、一番下の1階が5・6年の教室になってる。
別の学校に通ってた従兄弟にこの話したらびっくりしてたんで、多分俺の学校が特殊なんだと思う。
校舎自体はコンクリート造りで、相当というほどでもないが、そこそこ年数がたってたらしく、廊下の壁とかは薄汚れていて、汚いなと子供ながらに思ってた記憶がある。

続きを読む

取り敢えず、子供の頃の話。
今は都会へ引っ越してきてるんだが、子供の頃は村?(っていうか集落かもしれない)に住んでたときの話。

俺んちの裏には山が在った。
なんの変哲もないただの山なんだが、詳細はそうでもなかった。
その山は村で、呪われていると噂されてたんだ。
だから両親や祖父母からは「絶対に行くな」と念を押されたし、俺も流石に行かなかったんだ。
なんでも、山に入るとそれを期に良くないことが起きるらしい。
それか、山の中で遭難。(神隠し?)
村では有名な心霊スポットであり、だれも行かない心霊スポットでもあった。
でもそんな中、一定の人間だけは山へ行くことがあった。

続きを読む

小学生のころの話なんだけど、ある日学校に行ったらクラスの女子全員から無視された。

すごく仲良しの子(以下B)にまで無視されてけっこうショックだった。
無視の原因は、クラスのリーダー格の女子(以下A)に言われたかららしい。
理由はAが最近Bと友達になったのはいいんだけど、Bが私ばかりと話すのや、遊ぶのが気に入らなかったみたいで皆で私をハブろう、ということになったとのこと。
しばらくして、クラス会やら何やらでイジメはやめようってことで無視は終わった。

ちょっとしたイジメ騒ぎのほとぼりが冷めたころ、Bの家に遊びに行った。
友達を独占したい気持ちはわかるなあーって今では思うけど、当時はやっぱりムカついてたのね。
だから、呪いの真似ごとをやってみよう、と思いたったわけ。

続きを読む

↑このページのトップヘ