水商売ではお店に幽霊がいると、商売繁盛につながるというジンクスがある。
人の集まると頃には“良い霊”が集まり、廃墟などの人気(ひとけ)のない場所には“悪い霊”が集まる。
それが転じて、「霊がいると頃には人も集まる」となったのではないかと。
飲食店などの店先の“盛り塩”にも、実は「霊を迎え入れる」という意味もあるらしい。続きを読む