怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:夢

あれは小学校高学年の夏休みでした。
近くに大きな神社があって毎月お祭りをしていたので、私を含め仲良し5人の女子は毎回お祭りへ行っていました。

けれど出店は同じのばかり。
代わり映えなく、つまらなくなった私達は神社の裏の林になっている場所で鬼ごっこをする事にしました。

私は鬼になって友達のAを追いかけ、やっとの思いで追い詰めました。
そこは林の一番奥でポツンと小さな崩れかけの石像が置いてあり、石像から見て正面にA、後ろに私がいました。

続きを読む

交際二年になる男女がいた。
お互いの両親にも挨拶をして近々結婚する予定だった。
しかしある日、彼女に新しい男ができてしまい、彼氏は説得を試みるも彼女はその男の元へ行ってしまった。

失意のどん底にいた彼は、それから毎日脱け殻のように家に引きこもり、家族とすら口をきかなくなった。
唯一の救いは酒。

元々飲める体質ではなかったが、シラフだととてもやっていけなかった彼は昼夜問わず飲み続けた。

ある日、泥酔した彼は台所から包丁を持ち出し自殺をしようとした。
しかし、死ぬことはできず、ただただ包丁を振り回して遊んでいた。

もう見ないと決めていた彼女と撮った写真やプリクラを見ながら号泣したり、彼女を思い出して自慰行為をしたり・・・。

続きを読む

去年の夏頃のお話です。

その日は土曜日で学校も休みでした。
夕方になって眠くなり、いつのまにか寝てしまっていました。
その時、珍しく夢をみました。

夢の中で私はある通りに立っていた。
その通りはなんか変・・・何処までもブロック塀が続いていて、家もなく、電信柱もない。

道路は舗装もされていない・・・。
天気は曇っていて、雲の色は赤い・・・。

ずっと違和感を感じて辺りを見回していると、突然声が聞こえた・・・。

続きを読む

こないだ聞いた会社の先輩の子供の頃の体験談が死ぬほど怖かったんで。
以下、先輩を「俺」として話を進めたいと思う。

山間部に住む俺の婆ちゃん家の近くには川があって、毎年夏休みに遊びに行くと、その川で遊んでいた。
夏の午後、その川で遊んでいたのだがふと気付くと、周囲には誰も居なくなっていた。
急に不安になったので、帰ろうと思い、家路を急いでいた。
婆ちゃん家までの小道で、白いワンピースを着て麦わら帽子を被った見知らぬ若い女性が、婆ちゃん家の方から歩いてきた。続きを読む

私が中学3年生の時の話しです。
学校から帰ってくると、部屋で父が一人で泣いていました。

驚いて尋ねると、気分が悪くなって家に帰って寝ていたら、夢に父(祖父)が出てきて、幼い頃、おもちゃをねだったのに買ってあげなかったことを謝っていたと言うんです。続きを読む

↑このページのトップヘ