深夜のTV番組で、その日の企画は怪談だったのですが、その話の中の一つに映画監督のH氏にまつわる話がありました。

ある時、H氏はスランプに陥っていました。
幾ら悩んでも、全く次回作のアイディアが浮かんできませんでした。
そんな中、自分宛てのファンレターの中に一つだけ目にとまった物がありました。続きを読む