府中の東京競馬場の3コーナーから4コーナーの間には棲みついている。

昭和48年の天皇賞で、大本命視されていたハクホウショウがその魔のコーナー間で突然、『ガクッ』とのめり、騎手が降りてみると、左前足が折れてブラブラになっていた。

さらにこのコーナー間では14件もの怪奇現象が起きていた。

カミノチドリ、イサミダイオーなどの落馬、他に脱臼、骨折、鼻血、打撲などである。
なぜこんなことがおこるのか?それは「墓のたたり」といわれています。続きを読む