怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:猫

ネコを飼っている女性は統合失調症の発症率が高まり、僅かではあるが自殺率も高くなるという調査報告があります。
ネコが自殺を引き起こしているのではなく、ネコの糞を介して広がるトキソプラズマ原虫がその犯人です。
ヒトに感染したトキソプラズマは脳内物質を操作して、感染者の行動に影響を与えるというのです。

トキソプラズマは一般にネズミ⇒ネコ⇒ネズミ⇒ネコといった生活環を持っています。

ネズミに感染したトキソプラズマは最終宿主であるネコ科の動物に捕食されるために、ネズミの脳内物質を操作して不安や恐怖心を抑える働きをします。

普通はネコの尿の臭いがする場所を恐怖心から避けるのですが、恐れ失くしたネズミは、ネコが居る場所に堂々と現れることで捕食され易くなっているというのです。

続きを読む

私は西新宿に住んでるんだけど、新宿と言っても古い一軒家が多いし家の周りはあまり都会って感じはしない。
写真が趣味で近所の猫をパチパチするのが休みの過ごし方。
昨日もいつもの様にカメラと餌持って近所をうろうろしてた。

猫がなかなか見つからなくて細い路地の奥とか私有地?民家?みたいなとこまで入ったり、今思うと不法侵入かなって思う。
私はある細い路地に猫を見つけたから餌を見せながら近づいた。

続きを読む

昔、姉の本棚にあった多田かおる短編集から『ピンクの雪が降ったら・・・』を読んだのが10年くらい前なので、ところどころ脳内補完されているかもしれない。

主人公は夫と老猫と暮らす若い主婦。
新婚早々から夫が出張に出掛けることにすねている。
夫はそんな主人公をなだめ、軽くイチャついてなんとか機嫌を直し、飛行機に遅れてしまうと急いでタクシーに飛び込んだ。

夫を見送った主人公がいつものように家事をこなし一段落ついてテレビをつけると、飛行機事故のニュースが放送されていた。
乗員乗客に生存者の見込みはないとアナウンサーが言う。
乗客のリストが次々とテレビ画面に映し出され、その中には夫の名前もあった。続きを読む

中学生の頃遊んでたKと最近20年くらいぶりにあった。
そしたら20年前、Kと遊ぶ約束して迎えにいった時の事を思い出した。

集合住宅のKの家の中から猫の声がするんだけど、なんか変なんだ。
で、家の中を覗くと、おばさんが猫の鳴き声を真似してる。続きを読む

俺個人的には笑えない話なんだが、周りの人間に話すと草を生やされるので、コッチで書いてみる事にした。

ずっと昔、俺が学生の頃の話なんだが、通学途中で車に轢かれたと思われるヌコ発見。
キジトラのヌコで、息も絶え絶え360度どこから見ても瀕死ヌコ。

昔、学園七不思議と言うTVアニメで「交通事故にあったヌコは最後に見た人間を呪う」という知識を持っていた俺は、出来るだけ見ないように目を背けて通り過ぎようとしたんだ。続きを読む

↑このページのトップヘ