怖い話・恐怖体験談を集めてみた

怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。

タグ:神社

英霊や従軍時に亡くなられた方々を祀る神社の鳥居にまつわる噂。

靖国神社の第一鳥居は当初1921年に建てられたが、老朽化が進んだことにより大戦中に撤去。
物資の不足により金属製鳥居の再建は叶わず、木造の仮鳥居を建てる。

現在の大鳥居が建てられたのは1974年。
元軍人や英霊の遺族など軍関係者の個人寄付により日本最大級の規模での再建が叶う。
鉄を主体とする耐食に優れた合金が外面を覆い、柱の内部には強度を増すためにコンクリートが充填されている。

この第一鳥居であるが、噂によると金属部分は大戦中に作られた砲弾が原材料となっていると言われる。

続きを読む

母方の祖母が信心深い人だった。

幼い頃、群馬の母方の家に行くとよく子供だった自分の手を引いて山裾の神社に連れて行った。
群馬は視界に山が入らないところが無い。
母方の家はすぐ裏がもう山だ。

近隣の墓はほとんど山中にあって、蜘蛛の巣みたいに細かな路が入り組んでいる。
金比羅様と祖母が呼んでいた神社というのは丸太の鳥居、破れた障子、抜けた濡縁・・・と、管理されているとはとても言えぬ有様。

でも祖母は何度となく私をそこに連れて行った。
細い山路を、私は付いて行った。
祖母は神社をすごく有難がっていた。

7つか8つぐらいの時だと思う。

「今日は特別」

続きを読む

これは高校3年の時の話。

俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったから近所の廃神社が遊び場というか溜まり場になってたんだよね。
そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3人くらいで集まって、煙草を吸ったり酒飲んだり、たまにギター持って唄ったりしてた。
その廃神社は人がまったく来ないし、民家や商店がある場所からはけっこう離れていたから、高校生の俺達にはもってこいの溜まり場だった。

ある日学校が終わって、まあその日も自然と廃神社に溜るみたいな流れで、俺と他の3人の計4人で自転車で廃神社に行ったんだ。
時間は4時過ぎくらい。
そこで煙草吸ったりジュース飲んでたりしてた。

続きを読む

怖くはないのですが、不思議な体験をしたので投稿します。

もうかなり前のことになりますが、当時私は金属加工の小さな工場を経営していて、折からの不況もあってその経営に行き詰まっていました。
そしてお恥ずかしい話ですが、自殺を考えたのです。

もう子供たちは成人しておりましたし、負債は生命保険で何とかできると思われる額でした。
今にして思えば何とでも道はあったのですが、精神的に追い詰められるとはあのことでしょう。
その時はそれしか考えられなくなっていました。

五月の連休の期間に家族には告げずに郷里に帰りました。
郷里といってももう実家は存在していなかったのですが、自分が子供の頃に遊んだ山河は残っていました。

続きを読む

私は東京の東の方に住んでるんだけど、ここしばらくで不思議な事がいくつかあった。
なんてことない話なんだけど、ちょっと誰かに話したいので書かせてもらえると幸いです。

不思議な事というのはは今住んでいる土地と私の家族にまつわること。

私は去年の末にマンションを買って引っ越しをした。
家探しを始めたきっかけは娘が生まれたこと。
自分もマンションで育てられたせいか子供が産まれたらマンションでも買うかと漠然と思っていたのでこれは予定通りだった。

続きを読む

↑このページのトップヘ