実際にあった話。
京都に住んでいた頃、私は大通りから少し離れた小路に面したマンションに下宿していた。
その小路は本当に暗い。
街灯があるにはあるが、それでも暗い。

特に夜は、人通りなどあったものでもない。
京都にはこんな小路、いくらでもあるのだが。
ある日の夜午前零時をまわった頃、寝ようとした私は、外で変な音がするのに気づいた。

「キィーーーーー」
「キィーーーーー」続きを読む